074.迷路(2)


「はぐれましたか?」

「そのようだ」

 声は近くで聞こえる。ロープを辿って少しだけ戻り、分岐点ごとに道を覗いてみた。しかし、神さまの姿はどこにもない。

「神さまも迷子ですか」

「運び屋が迷子になったのではないのか?」

「僕にはロープがありますから。神さまが迷子だと思いますよ」

「ああ……確かに。ぼくに戻る道筋はわからないな」

「というわけで、あまり動かないで下さ……今、動いたでしょう」

「ごめんなさい!今のは私です」

「マキちゃんも近くにいるの?」

「ええと多分そうです。運び屋さん、そっちですか?なら今から行ってみま……ひゃっ!」

 小さな悲鳴と共に、マキの声が聞こえなくなる。運び屋と神さまは共に耳をすませて待った。

「……マキくんはどこへ行ったんだ?」

「──…すみませーん、何だか全然別の所に出ちゃったみたいです」

 ようやく聞こえたマキの声は、先刻とは全く逆方向から聞こえてきた。

「神さま、迷路にずいぶんと大きな仕掛けがあるようですが」

「うむ。迷路というものはいくらか仕掛けがある方が面白いというから、腕によりをかけて作ってみた」

 今度は神さまの声まで別の方向から聞こえてくる。どうやら動いているらしい。そして数秒とも経たないうちに、更に別の方向から「おお」という驚いた声が聞こえた。

「どうしましたか?神さま」

「入り口に戻れたようだ」

「ああ、良かった。それならそこから僕たちにどう動けばいいか言ってくれますか?」

「……」

「神さま?」

 更に沈黙が答える。運び屋がもう一度呼ぼうとした時、明らかに迷路の中から声がした。

「ぼくの背丈ではお前たちを見ることは出来ない。戻って一緒に捜したほうが賢明だろう」

「その姿って仮のものじゃありませんでしたっけ?」

「…………そういえばそうだったな」

「忘れていましたね?」

「もう随分長いこと、この姿でいるからな」

「そうなると、僕が捜した方が早そうですねえ。お二人とも、もう絶対に動かないで下さいよ」

 マキも神さまもそれぞれの言葉で、「わかった」と答えた。

「でも、ちょっと楽しいですね。こういうの」

 運び屋が歩き出すと、マキが楽しそうに言う。

- 139 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -