013.1+1


「1+1は?」


 2だって?

 そんな答えなんか


 くそくらえ。




 常識と言われることを疑ってかかる。

 非常識と言われることを笑って食らう。

 それは彼等にとって非常識ではなく

 そもそもが常識、非常識の枠すらも彼等には存在しないわけで

 その枠に凝り固まる人々の枠をぶち破るのが

 至上の楽しみだった。

 なぜ常識だ。

 なぜ非常識だ。

 彼等はいつも問う。

 定義は。

 常識の定義を示せ。

 非常識と区切る定義を示せ。

 彼等はいつも問う。

 問うて、答えを待つ。

 だれかが答えるのを。

 だれかが答えを持ってきてくれるのを。

 彼等に

 もっとうまい非常識があるぞと

 真っ白な皿を持ってくるのを

 待っている。

 そうして彼等は笑うのだ。

──なんだい。ただ真っ白な皿じゃないか。

 何も乗っていない皿。

 その白を彩るのは

 答えを持つ者の言葉。

 常識と

 非常識の

 定義を。

 それまで彼等は繰り続ける。

 時にはボール。

 時には布。

 時にはカード。

 時には紐。

 答えを持ってくるまで

 彼等は繰りながら、待つ。

 繰りながら問うのだ。

 常識を非常識に。

 非常識を常識に。

 繰り事で人を惑わし

 それらの幻想から人々が抜け出すのを待つ。

 沢山のハードルをしかけ

 全て走りきった者を

 待つ。

 そうして待つ彼等の愚かさも

 既に常識と非常識の枠内にあるものと知らず。

 ただ繰って

 待つのだ。

 そしてある日突然

 笑顔で話しかけてくるのを。

「わかりましたよ」

 彼等の幻想を越え

 枠を破る人を。

「あのですね、それは」

──ちょっと待った。

 急ききる人の前に手を突き出す。

──最後の最後の幻想だよ。

 とても簡単。

 しかしながら最大にして最高の謎。

 答えは無限。

 答えを待つ奇術師達は沢山の糸を差し出す。

──よく考えて、瞬間の閃きで選び取れ。



 さて

 1+1は?



終り


- 13 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -