010.北極星


北極星

(Polaris ラテン)

 天球の北極に近く輝く星で、小熊座の首星。
 日周運動によってほとんど位置を変えないので、方位及び緯度の指針となる。

 黄色で、光度二.0等の星。子の星。


(広辞苑より)




 あまりにもその星が輝いて見えるので、彼は気になった。

 ずっと眺めていたが、星は動かなかった。

 下へ視線をずらせば眩いばかりの街の光。

 赤、青、黄、緑、ピンク、紫、白。

 スラム化した街に、光の大群は似合っている。

 何も知らない女が、自分の汚さを綺麗なもので隠す様に。

 この街は、光で腐敗を隠している。

 上へ視線を戻せば、微かな光。

 白、時に青、時に赤。

 その間を縫って、点滅する光が轟音を落として飛んでいく。

 あの轟音を今こうして聞いている者は、この街にはたして何人居るのだろうか。

 片手で済むか。

 両手で済むか。

 片足くらいは行くだろうか。

 彼はぼんやりと煙草をふかし、バルコニーに寝そべっていた。

 部屋一つに台所一つ。トイレ、風呂付の我が城に文句のつけようなどなかったが、コンクリート製のバルコニーは座り込むにしても冷たい。

 そう思って、今日は木の長椅子を買った。

 プラスチックや金属は、野晒しにすると汚れたり錆びる。

 木なら、錆びないし汚れても気になる事は無いと思った。

 大きい長椅子で。

 寝転がっても充分な大きさだった。

 持ち運ぶのに相当苦労したが、その労をねぎらうだけの価値はある。

 いい木の匂いがした。

 ぽとり、と煙草の灰を落とす。

 星が一つ。

──何だっけ。

 動かない星。

 北の星。

──ああ北極星だ。

 理科や、歴史の教科書にもその名があった様に彼は記憶している。

 旅人に。

 道を示す星として。

 導く、星。

──何を?

 彼には疑問だった。

 道しか示さない星を、何故ありがたく思うのだろう。

 他の星はせわしなく動いているのに。

 動かないで、ただそこにあるだけなのに。

 パンもくれない。

 家もくれない。

 金もくれない。

 ただあるだけ。

 彼には疑問だった。

 あの星ははたして自分を導いてくれるのかと。

 旅人でもない、彼を。

 無神論者の、彼を。

 人殺しの──彼を。

 今日も殺した。

 昨日も殺した。

 一昨日も殺した。

 その前も。

 その前も。

 その前も。

 そして明日も。

 血は臭いから被りたくない。

 ナイフは相手に接近しなければならないから使いたくない。

 だから、銃。

 何も与えず、一瞬で奪える。

 血も被らない。

 遠くから、かちり。

 彼の指は銃の感覚を自分のものとしている。

 銃はただの金属の塊ではなく、既に彼の一部だった。

 だから今も。

 今も椅子の下にある銃を片手で撫でている。

 彼には疑問だった。

 あの星は。

 何を導くのか。

 今ここであの星に銃口を向け、引金を引いたらあの星は。

 あの星は、どう導く。

 どこへ。

 どのように。

 あの星は彼を導く。

 旅人ではない彼を。

 殺人者である彼を。

 あの星はどう導くのか彼は疑問だった。

「……なあ、北極星?」



終り


- 10 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -