064.ペット(2)


 言葉を切って、地面に腰を下ろした。

「僕の家族は特に不幸なわけじゃない。不自由をした覚えもない。学都にはもっと凄まじいのがいるから、彼らに比べたら裕福な方だろう。ただ、時々、ここから逃げ出したくなる。──……そんなのは贅沢だって言われるしね、実際に僕もそう思うけど。ただ、均されて与えられた幸せって、どこか現実的じゃないんだよ」

 イードの家は裕福な方だ。衣食住に困ったことはないし、時々、両親が送ってくれる書物の類も最高の品が揃う。サジェインは金持ちの道楽といって笑ったが、全くその通りだった。

 両親はイードの他の兄弟にも、本当に分け隔てなく愛情とお金を注ぐ。それこそ、誰かに過不足があってはならないという風に、これまで彼らから貰ったものを兄弟ごとに積み上げていけば、大差のないグラフが出来上がることだろう。

 社会的な通念から言えば、それは幸福だ。兄弟もそう考えている。

 だが、過不足なく平均的に与えられるということは、人間相手というよりも、ペット相手にままごとをしているように見えるのだった。与えられた物は全て幻想で、中身が詰まっていない。書物を開いても、ベッドや服を裂いて中身を確かめてみても、それらはそれ以上の意味を持たなかった。

 イードがそれに気付いた時、はた、とそれまでを振り返って考えた。

 自分は本当に、人間なのだろうか。

 両親が自身の幻想を押し付けるための、ペットではないのかと。

「……僕はお前やサジェインが羨ましいな。一生懸命だからね。そうやって生きて、どういうものが手に入るかよくわかっているんだ、きっと。僕にはそれがわからない。足掻き方も、戦い方も」

 だから、本を読む。そこに答えがあるのではないかと、期待を込めて。

 お陰で成績を落としたことはない。飛び級するほど良くはないが、学年上位を維持するぐらいの頭を獲得することは出来た。

 パンを食べ終えた仔犬はしばらく地面の匂いを嗅いだ後、いくらかの期待を込めてイードを見上げた。その目を見た時、イードは愕然とし、そして苦笑がもれた。

「そっか……似てるんだ、お前」

 仔犬の頭を撫でてやる。柔らかな毛並みが手を包み込み、仔犬も気持ち良さそうに目を細めた。

──自分と似てる。

 仔犬はいつでも求める。生きるために、食物を乞う。自分では獲ることが難しいから、それが出来る存在に期待する。イードが無意識にしていたことを、仔犬は積極的に行っている。だから、仔犬を「飼う」ということに意味を持たせた。そうすることで、仔犬に投影した自分と、仔犬を「飼う」自分に投影した両親を見てみようとしていた。

 結果、わかったのは仔犬と自分は同じということだけ。

 だけど、自分よりも誇り高い生き物だ。

「……育ち盛りなんだなあ。今度から、もうちょっとご飯を増やさないとな」

 仔犬は今日はこれ以上貰えないと悟ったのか、撫でられるまま、その場に座り込んだ。

「──…僕も、もう少しだけがっついてみようかな」

 イードがそう呟くと、仔犬は「やってごらんよ」とでも言うかのように鼻を手の平に押し当てた。

 小さな温もりに、イードは少し笑う。

 幸福を定義するなら、これがそうかもしれない。


終り

- 102 -

[*前] | [次#]
[表紙へ]


1/2/3/4/5/6/7/8


0.お品書きへ
9.サイトトップへ

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -