美人 後編

 ずぶ、ずぶ、と何度も挿れて、出して、その繰り返しをすると、とうとう艶は観念したのか甘やかな声を発し始めた。
「あンっ……! ううっ……」
「気持ちいい? でも、まだ駄目よ。あなたばっかり気持ちよくなるのってずるくない?」
「じゃ、じゃああなたもっ……!」
「これから、抱かれる体を見ておくのも良いかもしれないわね。わたしも、服を脱ぐわ。見てるといい」
 艶から体を離して、一枚一枚、見せつけるように脱いでゆく。
 その間も、艶は体の疼きが堪らなくなったのか遂には萌のそのじれったいストリップショーを強引に終わらせるため、乱暴に服を脱がせてゆく。
「あらあら、待ちきれなかった? 恥ずかしい人」
 突き放すように言うと、艶の顔が歪み、しかしもう止められないのか萌の手を自分の箇所へと導いた。
「お願い、早くっ……!」
「……あなたが欲しいのは、わたしの指、かしら? それとも私自身?」
 何を言っているのか分からず、艶は戸惑うしかなかった。萌は女であり、男根がついているわけではない。
 すっと、全裸の体がそのまま床に転がったバッグに歩み寄り、ごそごそと中を漁り始めた。
 そして取り出したもの、それは。
「い、いや! 嫌よ、それはっ…!」
 萌の取り出したモノは巨大な、バイブレーションだった。
「嫌? いつも旦那さんのモノを受け入れているあなたが嫌? 笑わせないでちょうだい。これはいい味よ」
「でっ……でもっ」
「病気が怖い? なら……」
 またバッグを漁り、今度はコンドームを出すと封を切り、慣れた手つきでその道具へしっかりと被せた。
「これなら、大丈夫よ」
「怖いわ……!」
「こんなに濡れているのに、痛いはずがないでしょ? あなたはわたしの指では満足できないはずよ。さぁ、足を開いて」
 屈辱的な体勢をとれと言う萌を睨みつけたが、萌はただ無表情で眺めているだけだった。
 しかし、そのおもちゃに興味があるのも本当だった。
 少しづつ、萌に向かって足を開いてゆく。
「ほーら、出来たじゃない。それじゃ、ごほうび、あげるわ」
 そう言うと、萌はその巨大なおもちゃを艶の割れ目に差し入れた。
「ああっ! お、大きいっ……! あ、はぁっン」
 目を瞑り、快楽に体を委ねている艶を見て、熱っぽくその様子を伺っている。
「どう? 私の味は」
「あんっ! いいわ、いいわぁ」
「これ、こういうことも出来るのよ。あなたに耐えられるかしら? それと……」
 一人善がる艶に背を向け、また何かを取り出した。
「な、それは……?」
「あら、知らない? ローター、って言うの。あなたホントに何も知らないのね。これを、ここに……」
 プチ、というスイッチ音と共に、グイングインという機械音とが響き渡り、艶の体が今揚げられた魚のように跳ね上がった。
「きゃぁあ! ああっ……!」
 バイブが円を描いて艶の中で踊る。すると、艶自身も、体をくねらせて快感に身悶えた。
「はぁっ……! あああァ……っイイ……!」
「ふふ、これもどうかしら?」
 取り出したローターを淫処に押し当て、テープで止めると、快感へのスイッチを押した。
「うああっ……! ああんっ……! それ、それイイっ……ああああっ!」
 あられもない声を出し、その二つの道具に良いようにされる艶は最早、母親でも嫁でもなく、ただの女だった。
 暫くその様子を見ていた萌だったがしかし。
 小悪魔は、そのバイブのスイッチとローターのスイッチをいきなりオフにして一気に艶の中から抜き取った。
 その目は少し覚めているように見え、そして快感の元であった道具を交互に見て懇願しているような目で萌を見た。
「あなたばっかり気持ち良くっちゃつまんないわ。ね、私のも舐めて」
「舐めるわ、舐めるから……お願いよ、抜かないでっ……!」
 羞恥心は取っ払われたのか、夢中で萌の女を舌で愛撫する。
「ああっ……!いいわ、巧いわ……」
 半分、顔に萌の女を押し当てる感じで見た目は相当、卑猥だった。
「分かったわ、挿れてあげる。その代わり、指を使って私を愛して」
「分かった、早くお願いっ……!」
「ふふっ」
 淫らな艶のおねだりに、自然と笑みがこぼれてしまう。
 そして悦楽に。
「あっ……! あああんっ……! イイっ……!」
「手を止めないで……。っあっ! わたしもイイっ」
 二人で、とことん快楽へと身を沈めてゆく。
「はぁ、はぁっ……! 私イクわっ……! イクっ……!!」
 髪を振り乱し、覆いかぶさっている萌の背中にしがみつく艶に、萌は熟れた唇に舌を差し込み口腔を舐った。
「んんっ……!」
「楽しい……」
「萌さんっ……! 私イクわっ! あなたも、一緒にっ……!」
「ええっ……! 私も限界……!」
 二人分の荒い吐息と機械音が部屋に響き渡り、その音がまた二人を刺激する。
「あァっ……!」
「んっぁ……っ」
 二人同時に、しばしの快感に身を任せる。
 ビクビク、と痙攣し、脱力した。
「これで、あなたも共犯よ――」
 その秘密めいた口ぶりに、艶はまた、体を震わせた。

 数日後――
 萌は淫猥な笑みを浮かべながら、艶が待っているであろう部屋のインターホンを押した。
「はい?」
「わたしです、萌です」
「すぐに鍵を開けるわ」
 エレベーターを上がり、玄関の扉をそのまま何の躊躇も無く開けると、中から艶が飛び出してきて萌に抱きついた。
「ああっ……! 待っていたのよ、あなたのことっ……ずっと……! お願いよ、早くっ……!」
「淫乱な人ね……。もう旦那なんて考えられないでしょう」
「そんなこと言わないで……! あなたにして欲しくて仕方が無かったの、お願い……!」
「放置プレイ、って言うのもありかしらね」
 誰もが振り向くその美貌が、妖艶に、微笑んだ。
 そして堕ちてゆく。
 肉のうねりへ。

Fin.
[ prev | next ]
×
「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -