いつか触れ合うフォーク




「室長、」
「何?」
「ひとつ良いですか」
「どうぞ」
「今日も残業ですか?」
「うん」
「・・・」
「どした?」
「今日って」
「火曜日だけど」
「・・・」
「24日だよ」
「・・・」
「あ、クリスマスイブって事?」
「そうです」
「めでたいね」
「それを言うのは正月です」
「あ、そうか」
「・・・」
「ちょ、何か怖いんだけど!?」
「今日くらい定時であがらないんですか」
「連休明けは仕事が詰まってるんだよね」
「・・・」
「気にせず帰って良いよ」
「・・・」
「帰らないの?」
「仕事します」
「何で?」
「何でもです」
「てゆーかさ?」
「何ですか?」
「ココは予定無いの?」
「ありません」
「即答?!」
「迷う余地も無いですから」
「クリスマスだよ?」
「はい」
「イブだよ?」
「はい」
「寂しすぎやしないか?」
「そう言う室長は?」
「う。」
「クリスマスですよ?」
「分かってる」
「イブですよ?」
「有ったら此処にいるか?」
「そうですよね」
「そうだよ」





「・・・今の会話、かなり切なくなかったか」
「非常に切なかったですね」
「他のやつらはどうした」
「帰りました」
「そうだった」
「そうですよ」
「デートかなぁ」
「デートですかね」
「良いねぇ」
「良いですね」
「・・・」
「・・・」
「・・・まずはディナーから」
「一流ホテルの最上階で」
「夜景を見ながら」
「シャンパンで乾杯」
「さりげなくプレゼント」
「大輪のバラを添えて」
「クリスマスケーキは」
「部屋にサプライズで」
「イブ限定のスイートルーム」
「甘い甘い時間を堪能あれ」





「ココ」
「はい」
「切なすぎるだろ!?」
「まさかの大奮発コースでした」
「想像力有りすぎだ!」
「お互い様です」
「・・・そうかココ」
「え?」
「経験済みと見た」
「残念ですがまだです」
「マジで妄想ってか」
「来たるべき日のために」
「ほぉ」
「そう言う室長は?」
「ん?」
「無いんですか」
「ノーコメント」
「・・・」
「ちょ、怖いよココ」
「ボクは答えましたが」
「だから、ノーコメント」
「・・・経験させて差し上げましょうか」
「ノーサンキュー」
「・・・・・・」
「ノーリアクション?!」
「・・・・・・」
「怖いって!」




「・・・まぁ、この時期は忙しいんだよな」
「そうですか」
「だから何となーく同期とか残業組で飲みに行ったりね」
「毎年?」
「悪かったな」
「別に悪くは無いですが」
「じゃあ何だ?」
「今年はどうするんですか」
「うーん」
「残業組で飲みですか」
「そういや今年は誘いが来ないな」
「そうですか」
「なので寂しく一人でケーキのコース、だな」
「そうですね」
「・・・」
「室長?」
「ココは?」
「はい?」
「どこも行かないの?」
「寂しく一人で以下同文、です」
「何で?」
「何でもです」
「・・・」
「・・・」





「ココ」
「はい」
「かなり切ないと思わんのか」
「かなり切ないですね」
「話題変えよう」
「いきなりですね」
「ダメか」
「良いですけど」
「じゃあ・・・」
「・・・」
「ココって誕生日いつ?」
「・・・10月29日ですけど」
「まぁそんな顔だよね」
「どんな顔!?」
「そんな顔だよ」
「・・・・・・」
「でもそれだと遅いな」
「え?」
「サニーは9月だったっけ?」
「確か前半です」
「じゃあ早過ぎるか・・・けどそっちのが有力かなぁ」
「何がですか」
「何って・・・クリスマスベビー率?」
「えっ?」
「だってクリスマスって、プロポーズの成功率とか高くない?!」
「そうですかね」
「それでなくてもムードに酔いそうじゃない?」
「それは確かに」
「授かっちゃったりしそうじゃない?」
「有りそうですね」
「つまり、」
「20数年前の今日、二つ目のプレゼントとしてサニーが発生したって事ですね」
「発生って」
「生まれるのは先ですから」
「そうだけど」
「何ですか?」
「もうちょっと言い方があるだろ」
「例えばどんな?」
「『天使が舞い降りた』とか」
「サニーですよ?」
「毒吐いたな」
「当然吐きますよ」
「ま、ココさ、明日聞いてみてよ」
「『サニーのご両親って出来ちゃった婚だった?』」
「それ直球すぎやしないか?!」
「なら何て」
「『ご両親結婚何年目?』とか」
「サニーと同じ年か、って事?」
「そう」
「もし当たってたら?」
「真実を初公開!そして本人の反応は如何に」
「反応・・・」
「どんなだと思う?」
「『マジ?!きよしこのオレ!』ですかね」
「・・・ありえんほどポジティヴだな」
「サニーですから」
「つーかココ、今のモノマネやばくない?」
「サニーですから」
「そういう意味じゃなくて」
「どういう意味ですか?」
「・・・まぁサニーだから良いか」





「ココ?」
「はい」
「帰るか」
「えっ」
「ケーキ売り切れると嫌だし」
「それは無いんでは」
「そうかな」
「良くも悪くも飽食の時代です」
「そうか」
「そうです」
「じゃー仕事するか」
「どこか行かないんですか」
「どこも行かないけど」
「誘いは無いんですか」
「何故か今年に限って」
「不思議ですね」
「嫌われたかな」
「それは無いんでは」
「そう言えばサニーの続きなんだけど」
「はい」
「子供の誕生日って、夫婦どちらかの誕生日に近い事が多いんだって」
「そうなんですか?」
「まぁ根拠はないけどね」
「はぁ」
「サニーの、今日の動向によっては・・・」
「よっては?」
「実証してくれる事をちょっと期待」
「え?」
「サニージュニア」
「・・・」
「ココ?どした?」
「さっきの話ですが」
「うん」
「サニーだと早過ぎで、ボクだと遅いんでしたよね」
「そうだけど」
「イヴで計算すると誕生は10月初旬から中旬ってところですよ」
「・・・計算した?」
「最近のWEB情報は素晴らしいです」
「そ、そうか」
「はい」
「・・・で、何だっけ?」
「ボクも実証できそうかな、と」
「何が?」
「何って、」
「・・・」
「・・・」
「ココ、帰って良いよ」
「何ですかその顔は」
「ゼヒ実証してほしいと言うか」
「はぁ」
「ワタシも帰った方が良いかなとか」
「へぇ?」
「若干身の危険を検知した風な」
「無駄に高性能ですね」
「褒め言葉か?」
「はい」
「・・・」
「・・・」




「だから切ないんだってば!」
「ボクだって切ないですよ」
「二人して余りものっぽいぞ」
「事実余りものなんです」
「余りものが不毛な会話を」
「振ったのは室長です」
「もっと頑張ろうよココ」
「室長こそ」
「くそぅ・・・誰か誘ってくれたって・・・」
「じゃあ室長、」
「良いや。帰ろう、ココ」
「え。」
「だから帰ろうって」
「・・・家に?」
「ワタシはね」
「・・・・・・」
「ココはどっか寄ったりしたら?」
「どこかに寄っても、甘い甘い何かは実証しませんが」
「ココだったらどなたかと実証できるだろ」
「実証『できない』んじゃなくて、『しない』んです」
「おっとイケメンの強気発言が出た」
「・・・」
「まぁ確かにそうだよなー」
「・・・」
「しょーがないな帰るか」
「・・・」
「どこのケーキが良いかなぁ」
「・・・」
「ココもケーキ買う?」
「買ってあります」
「え。」
「冷蔵庫に入ってます」
「・・・マジでか」
「限定、って触れ込みだったのでつい」
「そういうとこホント用意良いな〜」
「・・・プレゼントします」
「えっ?!」
「ホールですし」
「ココは?」
「いいです」
「どうして」
「流石に一人では食べきれませんから」
「何で買ったんだ?!」
「つい、です」
「つーか、元気なくなってない?」
「・・・普段どおりです」
「そう?」
「そうです」
「でもさココ・・・」
「はい」
「流石にワタシもホール1個はきついよ」
「・・・そうですね」
「食べてこうか」
「え。」
「半分ずつ」
「良いんですか?」
「良いも何も、ココのじゃん」
「・・・そうでした」
「そうと決まれば準備!包丁ってあったっけ?」
「見た事無いですが」
「フォークはあるよね」
「はい」
「じゃ、両端から食べていけば良いか」
「・・・」
「誰も見てないし」
「・・・はい」
「じゃあ早速!」
「あ、コーヒー淹れますよ」
「ホント?さんきゅ」
「ちょっと待ってて下さい」
「つーかココ?」
「何ですか?」
「おなか減ってただろ」
「えっ?」
「だって食べるって言った途端にテンション上がったじゃん」
「それは・・・」










「『ボクの部屋で食べませんか?』って言えると思うヤツ!」
「ムリ無理ムリ無理!ココにそんな度胸無いし!」
「大体あの室長が『うん』って言う訳ねぇだろ」
「だよな〜」
「み、皆さん何の話ですか?」
「いやよ?今日冷蔵庫にケーキがあってだな・・・」


「・・・で、ココさんがいない訳ですね」
「そうだし」
「でも、ゼブラさんとトリコさん、良くガマンできましたよね」
「食ったら死んだからな」
「え゛」
「小松、ココはキレると怖いんだぜ」
「そ、そうなんですか?」


「あ、サニーさん?大丈夫ですか?」
「もーマジありえんし」
「鼻赤いぞサニー」
「さっきからくしゃみ止まんねーし」
「うつすんじゃねーぞ」
「風邪じゃねーし!」
「あ、じゃあ誰かウワサでもしてるんですかね?」
「モテるって辛いなぁ」
「マジいい迷惑だし!きよしこのオレが台無しだし」
「何ですかソレ?!」



あとがき→


▼Topへ  ▼戻る


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -