水泳
ミスミ「あーくそ、あっちぃな。海に泳ぎにでもいくか」

N「キミは泳ぐのが得意だそうだね」

ミスミ「リクにでも聞いたのか? 海育ちだからな。毎年夏になると海で遊んでたんだよ。お前は? 泳げるのか?」

N「森で暮らしていた頃はトモダチと泳いだこともあったけれど」

ミスミ「ふーん。……よし、競争しようぜ」

タージャ「ロォダ」

N「絶対に勝てるとわかって勝負を挑むなんてださい、とタージャが言ってるよ」

ミスミ「うっせぇ。Nもわざわざ翻訳すんな」
prev * 6/248 * next
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -