アクセス制限機能充実
夢小説のDLove





0716 15:11

宙に蔓延る希望
優しく抱かれたい
涙が還元する
何もかも包んだから綺麗なんだろうね
瞼の裏で瞬く

//星の海


0716 15:07

写真は何一つ忘れない
青色の記憶
愛したかった、あの頃は
一輪贈りたい花がある

いつか貴方が忘れたころに


0716 15:06

居場所は火の海
存在意義を見出すための儀式
血の量に比例する悪循環
死んでいるに等しい兵隊様

戦争好きのクリスティン


0716 15:04

金と引き換えに快楽
淡く散るのは金も恋も変わらない
愛しき諭吉様
有り難味なんか丸めて捨てたよね

散財


0307 12:52

滲んで破けた三文字目
黒いインクが悩ましい
溢れる黒に比例する恋心
書き留められない程溢れるのだから
もういっそ唇で伝えて

じわり


0307 12:51

誘惑ティータイム
青い果実の王様
苦いけれどそれがいい
あなたに似た香りがするのに苦いだなんてどこまで似たら気が済むの

ベルガモット


0307 12:47

ひとりだけの国
枠などない
自由が必須の世界
目を開ければハイ終わり
おかえり最悪な毎日に

幻想


0307 12:45

全部合わせて十しかないのに、この食指はあなたの体温を覚えてる
絡めるも離すも自分次第
最もあなたに近い場所にいつも在る
手を合わせてほら、




0307 12:42

体温をどこに置いてきたの
わたしの熱を融かす
あなたっていつもそう
素っ気なくて、冷たいけど、愛おしい

ひんやり


0303 21:52

引き攣る顔に反比例したキスマークの数
痣も傷も嘆かわしい程愛おしい
赤が似合う子
口角45度
道化師に近い
違いは愛が有るか無いか狂ってるかの三択

狂気じみた独占欲と嗤い顔




prev by next


アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -