薄情だと笑ってくれれば良い。
新設校でバスケと向き合い、火神と出会って、頼れるチームメイトに恵まれて。
キセキの皆ともちゃんと話せるようになって、ようやく一人足りないことに気が付いた。
言い訳をさせてもらえるのならば、そんな可能性を考えもしなかった。
彼はバスケが好きだった。記憶の中の彼はいつだって、楽しそうにボールを追いかけている。
彼がバスケから離れるはずがない。思い込みは確認を遅らせた。
気付いたときにはもう、電話もメールも繋がらなくなっていて。
黒子に残された糸は一本だけだった。


「黄瀬くんと連絡が取れません」
いきなり本題をぶつけても、青峰は僅かに視線を下げただけだった。
呼び出しに応じたときから内容を想定していたのだろう。
その反応だけで、自分の予想を確信に変えるのは容易かった。
青峰は、他のキセキの皆は、自分が知らないことを知っている。
そして何故か、それを隠している。
「彼はどこにいるんですか?」
「…連絡が取れないなら、それが答えだ。あいつには、会うな」
「嫌です」
「テツ」
青峰の声に、咎めるような強い響きはなかった。
「…頼むから、あいつのことは諦めろ」
すがるような悲痛な目なんて、彼らしくない。
黒子は震え出しそうな手を固く握りしめた。
引く気は、なかった。
「…嫌です」
彼と話をするまで、絶対に屈しない。
意志を伝えると、青峰は深く深くため息を吐いた。渋々といった体で携帯を取り出して、電話をかける。
黄瀬。青峰の口が動くのに、鼓動が跳ねた。電話の向こうに彼がいる。
青峰は短い通話を終えると駅名を告げた。
「駅前で黄瀬が待ってる」
「…!ありがとうございます」
踵を返しかけた黒子の腕が不意に引かれる。
青峰は黒子の顔を自分の胸元に閉じ込めて、言った。
「…自分を責めるな」
本当に、今日の青峰は彼らしくない。
だけどそんな青峰を笑い飛ばすことは、どうしてもできなかった。


青峰が告げたのは隣の県の駅名だった。
逸る気持ちを抑えながら、最短距離で彼の元に向かう。
知らない駅に降り立つと共に、すぐに探し焦がれていた人を見つけた。
「黄瀬くん…」
駅前の枯れた噴水の縁に腰掛ける彼を目にした途端、その場に崩れ落ちそうなくらい安堵した。
「黒子っち」
久しぶり、と黄瀬が笑う。
泣きそうになった。
青峰が散々脅すからいけないのだ。
彼はこうして自分の目の前で笑ってくれているではないか。
黒子は黄瀬の前にしゃがみ込むとその手を取った。
体温を、存在を、確認する。
「…一年ぶりくらい、かな。遠くまでごめんね」
最後に話した全中の記憶と、今の彼を比べる。
少し痩せた、それくらいの違いしか見つけられない。
確認したいことはたくさんあった。
「黄瀬くん、今なにやってるんですか?」
「実家でのんびりしてるよ」
「高校は?」
「行ってない」
「バスケ、は?」
「………」
黄瀬は小さな笑みを浮かべたまま、首を振った。
なぜ。
焦燥のような憤りのような感情が、黒子の中で騒いでいた。
「どうしてですか?あんなにバスケが好きだったじゃないですか」
「…黒子っち」
「今からでも遅くないです。どこかに編入してまた一緒に…!」
「黒子っち」
言い募る黒子をやんわりと止める。
黄瀬はふっと、微笑んだ。
「俺、走れないんだ」


次→
×