また一時。
 先に姿を現したのは、蔡盈のほうだった。

「首尾ばどうだ。……その顔だと、上手く行かなかったか」

 俯く蔡盈を見、張韻は眉根を寄せた。

「貴方がたにその理想を体現出来る力があるのか、甚だ疑問だと言われました。彼らは、全くと言って良い程、政府に信がありません……むしろ逆です。彼らを説き伏せるのは、至難の技かと思われます。ですが……」

 蔡盈は顔を上げた。
 顔色の悪さが少し、改善されている。

「ですが、この国にはその力があると……万民では無いかも知れませんが、多くの民を救える力があると、私の首を賭けて、信じてもらいました」

 真面目な顔で話す蔡盈を横目に、張韻はふっと溜息を吐いた。
 己の命を賭けただと?
 そのやり方は、大間違いだ。

「馬鹿者め。この軍を率いているのはこの私だ。首を賭けるつもりならば私の首にしろ。……無論、くれてやるつもりは無いがな」

 聞いた蔡盈は目を丸くし、言った張韻は片頬だけで微笑んだ。



 理想は理想でしかない、と言う事くらいは理解している。
 だがそれをあの男は体現してくれると、信じている。
 一度救われたこの命、あの男が信じるこの国の為ならば、惜しいとは思わない。


|
−4/5−
目次

















「溺愛」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -