メモ MEMO

▼更新
 こんなに殺伐とした赤黒はじめて書きました楽しかったです。あと黒子っちが他の高校にいるというパラレルも。DVD特典のオーディオドラマ花宮編からの派生で書かせていただきました。本当にあのドラマ好き。
 一緒にいるとめちゃくちゃしんどいのにべったり依存してしまったいるふたりの(黒子っちの)心情が伝えられていたらすごく嬉しいです。

2020/04/28 23:06

▼更新
 帝光の合宿であんな和やかなイベントが開催されるのかどうか分かりませんが書いていて楽しかったです(笑)

2020/04/22 22:10

▼最近読んだ本
『翳りの星』/阿賀直己
 小中高生の男の子の拙くて危うい心情が綺麗に描かれていて、引き込まれました。愛を、愛とも分からないまま、かけるくんもなつめくんもお互いのことを好きって最後まで口にしなかった、というかそういうふうに言葉にすることを知らなかったんだろうなと思うと胸の奥がきゅうっとなる。
 なつめくんの一部を飲み込んで最後、かけるくんもなつめくんのところにいってしまったのかなと、個人的な解釈ですが。
 阿賀さんのお話は、『神さまはこの恋をわらう』も読んだことがあるのですが、これはもう本当に泣いた、泣いた。本を読んだり、映画を見たりして泣くのは茶飯事ですが、これは涙が出ると同時に自然と大声を上げていました。どうしてあんなふうに泣いたのか自分でもびっくりでした。幸せになってほしかった。
 読んだらしんどくなるのはこの二冊でも分かったのですが、また読みたくなります。それとも最後にハッピーエンドになる話も書いていらっしゃるんでしょうか。また探したい。

2020/04/22 19:46

▼更新
 火神くんの苦手なものから火神くんを守る氷室兄さんのお話でした。
 これを書くにあたってReplaceVの『The Adventures of TAIGA & TATSUYA』を読み返しました。可愛かった。火神くんのまだまだ甘ったれた小僧なところとか、氷室兄さんの頼られるまま健気に頑張っちゃうところとか。本当に氷室兄さんの心のなかって複雑で、単純なんだなと。

2020/04/21 22:10

▼更新
 書きたいこと詰め込んだらまとまりのない話になりました(笑)どこかひとつでも可愛いなって思っていただけるシーンがあったら嬉しいです。

2020/04/19 22:01