「かまいたち」

【概要】

日本の甲信越地方に多く伝えられる両前足が鎌状になったイタチの妖怪、もしくはそれが起こすとされた怪異。

もともとは「構え太刀」を語源としていて、突然太刀で斬られたような傷を負う現象
を指していたが、それが転じて鎌鼬となり、鎌を持ったイタチの姿で描かれるようになったという説がある。


かまいたちにつけられた傷は皮膚の表面が斬られるのみでほとんど出血しないとされ、その理由として、鎌鼬は三体一組の妖怪、または悪神であり、最初の一体が標的を転ばせ、二体目が刃物で斬りつけ、三体目が薬を塗って止血するためとの説がある。
(岐阜県飛騨地方に伝わる説)

かまいたち 詳細へ
妖怪に関する項目へ戻る

ツイート

 
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -