後悔してからじゃ遅い

私はずっと後悔している。

私の一番の願望は、
(あの頃に戻りたい。)
ということ。

もしその願いが叶うのなら、私はいちはやく両親に「バスケ見に来ていいよ。」
と伝えるだろう。

ーーーー

中学3年の夏、両親は事故で死んだのだ。

私はその時バスケの引退試合をしていた。
両親に試合をみられるのが恥ずかしかった私は、試合を見に来ないように言った。

だから両親はこっそり私の引退のお祝いを買おうとして、ケーキ屋さんに車を走らせたのだった。

そして両親は死んだ。

トラックが後ろからものすごい勢いで突っ込んできたらしい。

ーーーー

私はずっと後悔していた。
あのときの「バスケ見に来て。」という一言で両親の命は救えたのだ。

でもそうではなかった。


違う…。私は行かなくちゃ。



← |






×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -