2020/01/02 11:19
降雪の夜

降雪の夜

200103

降臨節の間、「探偵」はずっと施設にいた

子供たちは最初、猫背で歩く彼の陰口を言ったりした

ずっと憧れていた機械の中の「探偵」と不恰好に歩く生身の「探偵」は、どうにも一致しなかった

ずいぶんと年上の「探偵」は、けれども自分たちと中身が大差なかった

本気でお菓子を奪いにかかってくるし、チェスやカードゲームをする時も同じく勝ちにこだわった

かけっこをすると全力で駆けていき、自分たちを置き去りにしてしまいには姿が見えなくなった

むきになる探偵の滑稽な姿は子供たちの笑いを誘った

その年は、いつもより賑やかなクリスマスになった

別れが近付く頃には子供たちはみな「探偵」に夢中になっていた

最後の夜

「探偵」は暖炉のある部屋に子供たちを誘い、彼らを抱えて眠った

彼は施設にやってきて以来ひたすらに触れ合いを拒絶してきた、凍りついた子供たちの心を確実に溶かし始めていた









「降雪の夜」
L、メロ、ニア、マット

prev | next


×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -