memo



2013/04/01

南ちゃんを無理やりベッドに押し倒したいなあ







2013/03/24

似合わない女装をノリノリでする南さんが天使すぎ







2013/03/20


「はっ…みなみ…!」

南の名前を呼びながら東方は何度目か分からない精を吐き出した。
ティッシュを二三枚取り自身と手を拭くと一気に冷静になった。と、同時に南に対しての罪悪感でいっぱいになる。
東方は南のことが好きだった。南を抱きしめたい南とキスがしたい、セックスがしたい。そういう意味で南が好きだった。
しかし現実とは厳しいもので、南はノンケであるし彼女もいた。それは南にお似合いな笑顔のかわいい女の子だった。
今こうして東方がオナニーをしているのも、南が東方に抱かれ顔を赤くし喘いでいるところを想像しながら、つまり南をオカズにしているのだ。

射精した快感とは裏腹に心はひどく沈んでいた。


東→南






2013/03/16

ナース南さんにお注射されたい人、またはお注射したい♂人この指とーまれっ







2013/03/12
南さんの家って南さんの日課が掃除というところから考えると、自分の身の回りのことは自分できちんとやりなさいっていう教育方針だと思うんですよね。放ったらかしてるわけじゃなくて、いつか自立する時のために身の回りのことはある程度できているようにって。だから南さんの日課が掃除だと思うんですけど、そこからするとたぶん洗濯とかもきっとできるんだろうし料理も中3男子にしてはできる方なんじゃないかなーと思ってます。だからきっと南さんは雅美のいいお嫁さんになるよ!








prev next


2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月


index

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -