小さな電球の前で、複雑に手を動かす、一人のピエロ。その手が作り出す影が、ヨーコに幻想的な世界を魅せる。

フクロウ、兎、リス。白鳥・・・小さな動物たちが、ヨーコの影の周りを走り回る。


「その手、どうなってるの?」

「企業秘密さ!」



いかにもピエロらしい、陽気な声で答えたのはハギ、と呼ばれる青年。なんでも素直に喜んでみせるヨーコにさまざまなことを教えてくれる。


「えー、教えてよ!」

「仕方ないなぁ。ちょっとだけだよ?」



ほら、人差し指と人差し指くっつけてごらん。小指と小指も。そうそう。ほら、手丸めて。親指と人差し指で顔作ってごらん?ほら、壁をご覧よ。



「うわぁ。うさぎだ!」



ありがとう、ハギ!そう笑うヨーコは純真で。顔は笑って心で泣くハギとも、煩悩や欲望の塊であるセンとも違う、この地下にいるのが似合わないような少女。

ヨーコの喜んだ顔をみて、ハギはまた、手の形を次々と変えていった。

仕事でいないセンが帰ってくるまでの間、ヨーコたちのいる部屋にはたくさんの影絵が映り続けていた。




---------
ヨーコ嬢の悪魔のハギのお話。
お兄ちゃんと妹のような関係。
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -