23:13 前世猿飛佐助の妹と刀剣達(turb×婆娑羅)

前世が婆娑羅の猿飛佐助の妹だった主人公と刀剣男士の話。

主人公自身は自分の武器が基本的にクナイや手裏剣だったので刀には全く興味がなく、どの刀剣男士が誰の刀だったかなどは分からないものの刀剣男士達は「前の持ち主と共にいた時に見た顔だな……」と言った感じで話をする。

今のところは主人公は刀剣男士と似たような存在に立つ忍武器女士か戦う審神者。

取り敢えずは個人的にだけど、兄である猿飛佐助がアニメ内で三日月爺さんを振り回すだけ振り回してぶん投げたということでそれ系の絡みをさせたい。

以下こんな感じが希望↓

「はっはっはっ、今思えばお主の兄である猿飛佐助と風魔小太郎には俺も散々な目に遭わされたなぁ……」

「あはー、あの時は私達も焦ってたから仕方ないよねぇ〜。私も佐助も誰もあの旦那とは基本的にはやり合いたくないし」

「そうは言っても俺を宙へ投げぞんざいに扱ってきたのはお主の兄だけだ」

「そりゃあ天下五剣の三日月宗近をあんな扱いする人間なんて私達みたいな忍び以外いないでしょうね〜」

「ほぅ、それは何故だ?」

「まぁ、私達忍者は忍具しか使わないから斬ったり相手の攻撃さえ避けられれば後は刀は地面にポイッとだし?自分の持つ忍具の刀以外には興味が無いもんさ」

「ふむ、そういうものか」

「そうそう」


追記