■ (07/06)
こんなに誰かを好きになったことって、あったんだろうか。ううん、きっとないよね。あったとしても、それはただ無知だっただけ。恋愛をしてこなかった初めての恋愛を最高のものだと勘違いしていただけ。

ときどき思い出す。
きっとあれはなりゆきだった。
きっとあれは恋愛ごっこだった。
きっとあれは淋しさを埋める道具に使われた。
きっとあれはなんでもなかった。

過ぎてから思い出すことは、たいてい冷静になって飲み込める。
じゃあ、いまのこの感情も、ときが経てば冷静になって違う変換の仕方をして、飲み込めてしまうのだろうか。

いまはまだ飲み込めない。
熱くて、甘くて、苦くて、飲み込めない。

■ (07/06)
君 × 1 のほうがまだいい。
君 × 1 以上ならなおよい。
だけど今日は
君 × 0 でした。

かけてるものが0なら、相手が10でも100でも0になってしまう。
絶対0はかけちゃだめなんです。

■ (07/05)
ただ笑って、ただ泣いて、ただ怒って、ただ喜んだ。

きみの隣にいると、どんな感情だって見せてしまう。どんな表情だって隠せやしない。

甘えたいときは甘えて、泣きたいときは泣いて、きみがわたしの胸に顔をうずめて甘えてくるときは、わたしはとても幸せな気分できみの髪を撫でる。

きみの隣にいたい。どんなときだって、どんなに月日流れたって。ケンカした夜も、同じ布団で眠りたい。背中を向けて寝たって、きっときみは腕を回して、足を乗せて、口を開けて寝るんだろうから。そんなきみと、手を握りながら眠りたい。きみの細い腕、細い指。その指に、薬指に、わたしと同じ指輪をつける日が来るのが、ほんとうにたのしみだよ。

愛して、愛して、愛して、きみをずっと幸せにしたい。愛されたいけど、そんなエゴさえも、もうどうだっていいや。きみのこと、いちばんそばで支えて、きみのとくべつになりたい。

好きだ。

■ (07/02)
腕の筋肉のスジと、横顔がなんとも死ぬほどかっこいい。
普段はかわいいしか言わんけど、これは、かっこいい。かっこいいかっこいいかっこいい。

■難プレ (07/02)
恋愛はどんな哲学より難しい。恋愛って聞くと響きはいいけど、実際は甘かったり苦かったりが半々くらい。あの子は好きだけど、恋愛は好きじゃない。あの子との恋愛は好きだけど。つまり、あの子じゃないとやっぱり恋愛は成り立たない。
あの子だからこうやって自分が成長できるのかもしれない。自分が悪かったなって気付ける。わたしが成長できる恋愛。一瞬。
わがままだしネガティブだからって、ワー!っとものを言って、でも、反省できて申し訳なく思う。
ネガティブを治す。
考え込む癖を治す。
とりあえずこれ。もっと鈍感に生きたい。そしたらうまく生きれるかなあ?
でも敏感でいてよかったことも、たくさんあるし。いつもどこかで、気が利くと言われて嬉しい。

この写真、わたしのいまお気に入り。





■ウェディング (06/29)
高校のときの友達、あの子の友達、の結婚式があった。二次会から行かせてもらった。花を買って行った。花っていいなとおもった。福山行ったら花屋さん、本屋さん、図書館、スーパー、ホームセンター、100均、パン屋さんは、どこにあるかおさえたい。
あの子と寝るときが一番の幸せで一番の癒し。くるくる頭でわしゃわしゃ甘えん坊してきてとてもかわいいし、あの子が爆睡しながらわたしに抱きついたり、脚をどーんと乗せたりしてくるのがとてつもなくかわいいんだ、いつも。
あの子の友達に○○のどこがいい?ってあの子のこと聞かれたけど、全部って言うのは恥ずかしかったから、かわいいところ。って答えた。

■ (06/25)
昼まで寝て、夕方仕事に行くスタイル。わたしは結構好きだったりする。だいたい早起きは苦手中の苦手なので、8時からの仕事は、辛い。次の職は何にしようかな。楽しみ不安楽しみ。あと2ヶ月。

■ (06/25)
勘違いだったんだけど、いやみを言ってしまった。よくない。でもほんとになんか切なかったから。でも勘違いは良くない。相手に確認とるべきだった。そして、ものの伝えかたって大切。伝わるように話さなきゃ。

■MOTHER (06/23)
お母さんに辛いことがあると私も辛い。お母さんはいつも笑顔だから、泣き顔を想像できない。だからこそ泣いてるなんて知ったら胸が苦しくなって私も涙が出てしまった。はやく元気になりますように。
幸せになってほしい。こころから。

■ (06/22)
待ち受け変えた










prev | next

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -