横恋慕


「いいなぁ、兄貴は。オレにないもの沢山持ってて」

ペッシ、ペッシ、ペッシ、ペッシよォ。いつも言ってんだろうが。自信を持て、ペッシ。オメーしか持ってないもの、沢山あるじゃあねぇか。

「そ、そうかい?」

あぁ、そうだ。オレの言うことが信じられねぇってのか?そんなくだらねぇこと考えてる時間があんなら、そこで待ちぼうけくらってるテメーの女の相手してやれ。

「あっ、ごめん。邪魔しちゃった?」

いや、構わねぇ。もう終わった。オレは部屋に戻る。

「あ、ありがとう、兄貴ィ。付き合ってくれて」

ちゃんと今日言ったこと次回までには出来るようにしとけよ。

「あぁ!分かったよ、兄貴ィ」
「特訓お疲れ様、ペッシ。最後バッチリだったね、格好良かったよ」
「へへ、そうかな…」
「うん。あっ、ちょっと待って、プロシュート!」

どうした。

「プロシュートも特訓お疲れ様!」

…フッ、大したことねぇよ。


―だから言っただろ。自信を持て、ペッシ。
―オレが欲しくてたまらねぇもの、オメーは持ってんじゃあねぇか。



Twitter 2019.07.24
2019.07.25
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -