きみに敵うはずもなく、


8/24〜8/31までの拍手お礼文でした^^


遊園地に着くなり、ネズミはひらりと車を飛び降りる。
その身軽な動作と女の子の装いは、紫苑が思わず見惚れてしまうほど可愛らしかった。

「せんせ?何ぼーっとしてんの、混むから早く」
「え?あ、ごめん、すぐ行く」





今日は快晴、ネズミの真っ白な肌に太陽の光が照りつけるのを見て、紫苑はしまったと思った。

「ネズミ、ちょっと待ってて、日傘買ってくる」
「は?」
「きみ、そのままじゃ日焼け…」

ぷっとネズミが吹き出す。
からからと小気味良い笑い声が、青空に吸い込まれていく。

「紫苑、忘れんなよ、おれは女の子じゃない。日焼けくらいどうってことないさ。ていうか、いつもだって半袖で過ごしてるだろ」
「あ、そっか。じゃあネズミって焼けない体質なのか」
「まあね」
「そういえば、今日はどうして女装を…?」
「紫苑が喜ぶかと思って」

えっ、と珍しく言葉につまる紫苑を見てネズミは満足げに笑い、腕をからめる。

「…確かに、すごく可愛くて…惚れなおしたよ、ネズミ」
「ふふっ、ありがとう。ま、それは理由の半分。もう半分の理由は、先生の外聞かな」
「え?」
「なんも考えてなかったの?せんせって意外とお人好しだったんだ」
「は?」

目をぱちくりさせる紫苑に、くすりとネズミは楽しそうに笑った。

「いくらなんでも、生徒と…しかも男子生徒と遊園地デートだなんて、見咎められたらあんた、ガッコ解雇されるぜ」
「そうだったっけ。きみがあんまり可愛いから気が回らなかった。…あっ、ネズミ」

ふにゃりと笑って紫苑はネズミの手を引く。

「は?なに?」
「観覧車乗ろうよ、観覧車」
「はあ?観覧車なんて、真昼になってもそんなに並ばないだろ、だから後で」
「そうなの?」
「あんた、遊園地来たことないの?まずは、せっかく朝早く来てんだから、人気のあるものからだろ」
「へぇ。じゃあネズミの乗りたいものから乗ろうか」
「あっ、じゃあおれ、あれ乗る!」

ネズミが指差したのは、絶叫系のジェットコースター。
さっと紫苑は青ざめるが、ごくりと唾を飲み込み、いいよと返事をする。

「じゃあ、チケット買ってくるね」

紫苑はこわばる笑顔でそう言い、チケット売り場に向かった。


あはははははっ、はははっ、ははっ

…ネズミ、そんなに笑わなくても……

なに、あんた、ジェットコースター苦手だったんだ、あはははははっ

昔からなんだ…だから仕方ないんだって…

ははっ、なら乗らなきゃいいのに

…だって、きみが乗りたそうにしてたから…

見栄張っちゃって…って、おい紫苑大丈夫か?顔色やばくない?

うー、頭いたい

じゃっ、とりあえずあそこでお茶でも飲む?なんか申し訳ないし、おれ奢るからさ

え、でもそれは…うっ

おいおい、しっかりしろよ


(つづく)
大人な紫苑が珍しく戸惑うターンです^^


|


←novel
←top





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -