あの境界線を目指して、


「それで」

着衣の乱れを整えたネズミが紫苑の前に膝をつく。
部屋の床に放り出されていたシャツを拾い上げ、紫苑の肩にかける。
艶やかな白髪を鋤き、深紫色の瞳を覗く。

「気分は、落ち着いた?紫苑」


して、


「なんで、あんなに怒ったんだよ?」

放心状態の紫苑の耳を、ネズミの暖かな声が撫ぜる。

「きみが…きみが」
「え?おれ?」
「先輩の家に、連れ去られそうだった」
「酔ってたからな」
「それが、許せなくて…」
「なんだ、そんなこと」
「そんなこと?」

からからと、ネズミは笑った。
紫苑はきょとんとネズミを見る。

「そんなにおれのこと心配してくれたんだ?ありがとう。ま、先輩の家行こうと先生に助けられようと、やったこと同じだけど」

はっと紫苑は我に返ったようにネズミを見る。
その表情は幼げでさえあった。
逆にネズミは慈悲の聖母のように優しげに微笑む。

美しい仕草で紫苑の頬をゆっくり撫で、その耳元に唇を寄せてそっと囁く。

「こんなに怒った紫苑…初めて見た」

がっ。
突然、紫苑がネズミの手首を掴んだ。

「いたっ、紫苑、なに」
「…引っ掛かるつもりは、なかったのに」
聞いたこともない、紫苑の低い声。

「え?」
「ねぇ、これもきみの戦略なのかな」
「は?」
「サソリは元彼?彼に協力してもらって、ぼくをからかおうって計画?」
「なに、言ってんだよ紫苑!」

ネズミが紫苑に掴まれた手を振り払おうと立ち上がる。
だが紫苑の力は思いの外強く、逆に壁に押さえ付けられる。

「痛い、紫苑、どけって、落ち着け」
「きみにとって、ぼくもただの遊びなんだろ!」

ネズミの言葉を遮り、紫苑は叫んだ。叫んだといっても、声量は大きくない。
腹の底から絞り出すような、苦しげな叫び声。

「な、それこそ、違う、全く違う!しお…」
「違わないさ、あの先輩とぼくは同列なんだろう」
「紫苑、違う、違う、聞いてくれ。なんであんたは聞く耳さえ持たないんだよ!さっきだって!」

ぽたっ。
ネズミの瞳から、一滴の涙が零れた。

「…ほんとは少し、怖かったのに」

はっと紫苑は手の力を緩める。
ネズミは自由になった手で紫苑のシャツに触れる。
その手首は赤くなっていた。

「紫苑」

顔を俯け、紫苑のシャツを握り締めてすがる。懇願する。

「話を…しよう。おれは」


あんたにだけは、誤解されたくないんだ…

え、ネズミ、ごめん、泣かないで…

あんたが、泣かせた

あっ手首赤くなっちゃったね、ごめん、痛かった?

…あんた、ほんと極めつけの天然だな。そんなことでおれが泣くと思うわけ?

え?いや…

ずれてんだよ…まったく




|


←novel
←top





×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -