オトナはズルい


驚いたように見開かれた目が、眼鏡の向こうで瞬いた。

しかしその一瞬後、紫苑は目元を和ませて穏やかに言った。

「あんまり、大人をなめちゃだめだよ?」



(分かってるくせに)


紫苑の表情は、まさに「ニッコリ」という表現が似合う笑顔。
ネズミは、何を言われたのか理解するのに数秒を要した。

「あのね、ネズミ君」

紫苑はネズミの顔を正面から見て、真剣に諭す。

「誰とでも見境なく遊ぶのはだめだよ。そういう事は、好きな相手とするんだよ?」

くすっ。
ネズミが笑みをもらす。

「うそつき」

くすくす。くすくす。

「あんただって、同じくせに」
「ネズミ君?」
「じゃっ、羅史先生とは恋人なわけ?」
「何のこと?昨日は持病の腰痛で立てなくなっちゃって、送ってもらっただけだよ?」

紫苑は困ったように眉を下げ、そらとぼけた。

「ほら、もういいから。笑ってないで早く最後の一問解きなさい、ネズミ君。明日は明日のノルマがあるんだから、持ち越すと辛いよ」

最後の一問を解かなければ。
しかしネズミの笑いは止まらなかった。
笑ううちにだんだん、本当に愉快な気持ちになってくる。

こいつは、手強い。
一筋縄ではいかない。
嘘でかためた強固な仮面を被り、こちらの攻撃も巧妙にはぐらかしてしまう。

「こら、ネズミ」

ぐい、と緩く結んだネクタイを引っ張られた。
がくん、と前のめりになり、机上のプリントと顔を突き合わせる姿勢になる。
さらに、右手にシャーペンを握らされる。

「ネズミが遅いから、天気が崩れてきたじゃないか」
「あ?」

窓の外をうかがうと、雲行きが怪しくなっていた。
風もたっぷりと湿気を含んでいる。
空は暗く、今にも雨が降りそうだ。

そこで、ネズミは傘を持ってないことを思い出す。

ちっ、と小さく舌打ちをし、急いで答えを書き付ける。
すらすらと書き終え、紫苑を見上げる。
紫苑は素早くネズミの文字を追うと、笑って頷いた。

「うん、合ってるよ。今日の補講はここまで。じゃあ、雨の降らないうちに急いで…」

ポツッ、ポツッ。
ポッポッポッ、ザアァァッ。

時既に遅し。
紫苑とネズミが校舎の玄関に着いた頃には、大雨が降っていた。
ぽかん、と見上げているうちにも雨足はどんどん強まっていく。

「…ネズミ、傘は?」

傘立てから傘を取り出しながら、紫苑が聞く。

「…持ってない」

じゃあ、と自分の傘を差し出しかけ、紫苑は少し考える。

「うん、じゃあネズミ、送って行ってあげるよ」
「は?おれの家、遠いよ」
「大丈夫、車だから。昨日乗って帰らなかったから駐車場に僕の車あるんだ」


うわっ、BMWかよ

え、でもこれそんなに高くないよ
で、住所は?カーナビに入れるから

あ、家に横付けしてくれるんだ?

じゃないと風邪引くでしょ?

そういうとこは優しいんだ

え?ぼくはいつも優しいはずだけど




|


←novel
←top





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -