無邪気な罠でしょ?


「紫苑先生、補講が入ってますよ」
職員室に入ると、沙布から声をかけられた。
沙布は、数学の先生だ。

「あ、はい。誰ですか?」
「えぇと、ネズミ君ね。あら、珍しい」
「え?珍しい?」
「えぇ、だって彼、テストだけは良い点数じゃない?授業は欠席ばかりなのに」

なんだって?
授業は欠席ばかりでテストの点数は良い?

「ぼくとは逆のパターンだ…」
「え?」
「ネズミ君、生物の授業は皆勤なのにテストはいつも白紙で赤点ぎりぎり…って、今回は赤点取っちゃったんだっけ」

くすくすっ、と沙布は笑う。

「そんな馬鹿な、これだけ頭の良い子が、生物が赤点だなんて」
「うん…」
「でもまぁ、しょうがないですね。はい、これ補講の日程です」

どういうことだ。
あの劣等生の面は…。



(怒らないでね)


そして放課後。教室の引き戸が開く。
ガララララッ。

「しーおんせんせ!補講よろしくお願いします!」

明るい声とともにネズミが飛び込んでくる。おどけた仕草で一礼する。

はぁ、と紫苑は眉間に指をあててため息をつく。

「その前に、ネズミ君」
「うん?」
「君、他の教科は成績良いのに、なんでぼくの教科だけ赤点オンパレードなの?」
「あらら、早くもばれちゃったか」
「やっぱりわざとだったのか!」

ガタッと紫苑は椅子を鳴らして立ち上がる。
まぁまぁ、と言いながらネズミが笑む。

「そう怒るなって」
「そんなに生物が嫌いなのか!」
「…へ?」

ネズミが目をぱちくりさせる。

「だから生物だけ勉強しないんだな!」

紫苑は拳をふるふると震わせている。

「分かった、ぼくが生物を徹底的に補講してあげよう!」
「…ふっ、はは、はははははははは」
「なんだよ、なんで笑うんだ」
「あんた、ほんとに、何なの、天然?あはは、はははは」

腹を抱えて笑うネズミに、つい、と眼鏡を押し上げて紫苑は椅子を示した。

「ほら、座りなさい。補講を始めるよ」

それでも笑いつづけるネズミに、紫苑はにっこりと天使のように笑って言った。

「笑っていられるのも今のうちだよ、ネズミ」
「は?」
「ぼくのカリキュラムは厳しいから。ね?」


ちょ、紫苑、笑顔が怖いって

ほらほら、おしゃべりしないで解きなさい

え、この問いまだ習ってな…

うん、それは予習だよ
一緒に予習しとけば授業全く聞いてなくても大丈夫でしょ?

…それ、補講じゃないだろう

意外と細かいなぁ、君って

はぁ?

でもきみ、ぼくの授業で何を聞いてたの?

ああ、紫苑先生の声を聞いてた

じゃあ、なんでこんなに赤点ばっかり?

内容じゃなくて、声音を堪能していたもので、陛下

は?

そんで、紫苑せんせに見とれてた




|


←novel
←top





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -