声優ですよ?


ラジプリの細谷さんがふわっふわだし面白すぎて突発的に…


「どういうこと、ネズミ」

地を這う、という形容がふさわしいトーンで紫苑が唐突に言った。
先ほどまで紫苑はイヤホンをして、パソコンに向かっていた。

「え?なにが?おれ、何かしたか?」

ソファーに座り携帯をいじっていたネズミは面くらう。
頭をフル回転させ、最近の行動を反芻する。

だめだ、思い出せない。

パソコンで何かを聞いていたらしい紫苑は、耳からゆっくりイヤホンを外す。

「ネズミ、とうとう浮気?前からあやしいとは思ってたけどさ」
「え?あんたいきなり何を…」
「証拠なら、ネットで全世界に配信されてるけど?」
「は?」
「たった今、聞いてた」
「だから何を?」
「きみの出演してるラジオ」
「ラジオ?」

まだわけが分からず首を傾げるネズミに、紫苑は一気に捲し立てる。

「きみ、覚えてないの?『携帯予測変換コーナー』でのこと。お題の『タコヤキ』の予測変換がなんで、『溜まる』『今回』『ヤった』『キス』なんだよ!明らかにやらしいだろ!浮気だろ!なんか女に『溜まってるからヤりたい』とか何とかメールしたんだろ!それ以外思いつかないんだけど!これ以上そらっとぼけても無駄だぞ!ねぇネズミ、ぼくなんか間違ってるか?」

今度はネズミが反論を捲し立てる番だった。

「間違ってる、大いに間違ってる、その予測変換の漢字変換が間違ってる!あんた最後までちゃんとそのラジオ聞いたか!?溜まるじゃなくて貯まるだ、貯金だよ貯金!しかもキスじゃなくてKissって言ってただろ、ラジオで!」

「は?なんでローマ字?」

「番組名だってば!あの番組の時はお世話になりました、って声優仲間に久しぶりにメールしたんだよ!ちゃんと弁明してただろ、あんたなんで聞いてないんだよ」

「なにそれ、Kissって番組名のアニメに出てたの?それこそやらしいんだけど!」
「論点ずれてるだろ」
「そう?じゃあ、『ヤった』はどう説明すんだよ?」
「誰がカタカナだって言ったよ、こっちが聞きたい!普通に『やったぁ』の『やった』だよ、ビクトリーやったーってやつだよ、あんたの頭の中の漢字変換…ちが、カタカナ変換こそやらしいわ!」
「ただの『タコヤキ』の予測変換でここまでやらしい印象の単語ばかり並ぶのがだめなんだよ!自然と変換もそうなるでしょ!」

だめだ、ここまで来ると論争は堂々巡りだ。
ネズミが、はぁと大きくため息をついた時、紫苑はうつむいて小さく呟いた。

「…だいたい、最近ネズミ忙しそうだし。浮気疑っても、仕方ないじゃん…」
「し…紫苑…」

目を逸らし拗ねたように呟く紫苑に、不覚にもネズミはぐっと胸がつまる。

「すまない紫苑、ほんとに浮気とかじゃないんだ、最近収録が詰まってて…ごめん」
「そうなんだ…。じゃあ、明日も仕事?」
「いや、明日はオフだ、だから…」

明日は久しぶりにデートでもするか?…とネズミが続けようとしたところで。

紫苑はにっこり笑う。
心なしか、その笑顔が黒く見える。

「そうなんだ!ぼくも明日はオフだよ。じゃあ今夜は遠慮いらないよね」
「は?え?ちょ、…紫苑さん?」

しまった、流れに乗せられた…とネズミが後悔した時は、もう遅かった。


fin.20110828

ニコ動で発見したラジオです。
タイトルは…
【テニプリ】やっぱりふわふわw 白石_リョーマ_小春【レディオ】
でした!!ぜひ聞いてみてください…!!



|


←novel
←top





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -