ファミレスで一目惚れ


「ご注文はお決まりですか」

いつものファミレスに入って、メニューを決めた。
テーブルに置かれた呼び鈴を鳴らす。
やって来た麗しい姿のその人は、類いまれな美しい声でそう言った。





ぼくは我を忘れて目の前の彼を見上げた。
考えていたメニューなんて、すっかり頭から飛んでいた。
それどころか、今自分がどこで何をしているのかさえ、忘れていた。

「あの…お客様。ご注文は…」

形の良い唇を動かし、少し困惑した声音で彼が言った時、やっとぼくの硬直が解けた。
立ち上がり、彼の手を両手で掴む。

「うちに来てください」
「…は?」
「貴方の髪をカットさせてください」
「お客様、」
「お願いします!カットモデルになってください!」

無意識のうちに、叫んでいたようだ。
他のテーブルから、客たちのくすくす笑いが聞こえてきて、はっと我に返る。
しかも自分が、まるで口説くようにそのウェイターに迫っていたことにも気づき、かあっと赤面する。

ぼくが手を放し席に座り直すと、彼は動揺した様子もなく淡々と言った。

「すみませんがお客様。私は勤務中ですので、そのお話はお断りさせていただきます。ところで、ご注文の方をお伺いしたいのですが、よろしいでしょうか?」
「あ…ご、ごめんなさい…。じゃあ…日替りランチ定食で…」

前回と同じメニューを、しどろもどろに言う。
あまりの恥ずかしさに俯けていた顔を上げると、かれの名札が目に入った。
イヴ、とある。

「かしこまりました。日替りランチ定食ですね。ライスとパン、どちらになさいますか」
「えぇと…ライスで」
「食後はコーヒーと紅茶、どちらを」
「…コーヒーで」
「かしこまりました。すぐにお持ちいたしますので、少々お待ちくださいませ」

彼は手早く伝票を書き取り、くるりと踵を返して立ち去ろうとする。
必死で呼び止める。

「ま、待って、イヴさん」
「…はい」
「今日の仕事は何時まで?」
「4時、ですが」
「分かった、ありがとう。勤務中じゃなければ、大丈夫なんだよね」

彼は無表情のままぼくの言葉を華麗に無視し、今度こそ厨房の奥へ行ってしまった。


|


←novel
←top





×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -