真実の世界


!)アニメ完結後、捏造。
紫苑、紫苑。

人波をかき分け、火藍は走る。
この先にきっと…いや、絶対、紫苑がいると信じて。





「紫苑!」

声が、聞こえた。叫び声に近い、今にも泣きそうな声。
紫苑は足を止める。傍らを歩いていた犬も、一緒に立ち止まった。

「…母さん」

正面から、エプロン姿の火藍が駆けてきていた。
息を切らしながらも、火藍は速度をゆるめることなく走ってきて、ひしと紫苑を抱き締める。

「紫苑…、紫苑なのね…!会いたかったわ…」
「か、母さん…ちょっと」

紫苑の腕の中で赤ん坊が、ぱぶぁっ、と声を立てて手足をばたつかせた。

「あら、その子は…?」

初めて気付いた、というふうに、火藍は赤ん坊をしげしげと見る。
頬をそっとつつく。赤ん坊は嬉しそうにきゃっきゃと笑った。

「人狩りの時に、はぐれた赤ん坊を拾ったんだ。今までは、イヌカシが預かっててくれて」
「人狩り?イヌカシ?」
「あ、えぇと…」

火藍が首を傾げる。無理もない、彼女には馴染みのない単語だ。
紫苑が説明しようとすると、火藍はきゃあと声をあげた。

「紫苑!どうしたの、これ、血じゃない!怪我したの?」
「あ…うん」
「早く…早く、治療しないと…」
「大丈夫だよ、母さん」

あわてふためく母を安心させるように、紫苑はにっこりと微笑む。

「いろいろあったけど、もう大丈夫。たくさん話すこと、話さなきゃならないことがあるんだ。後でゆっくり、ちゃんと説明するよ。…けど、母さん。あの人たちは…どこへ行くんだろう」

紫苑は、母がやって来た方へ目を向ける。
たくさんの市民が皆、何かに導かれ操られるように、同じ方向へ歩いていく。

「分から…ないわ」
「母さんは…どうしてぼくがここにいるって、分かったの」
「それは…どうしてかしら。壁がなくなって…ああ、紫苑に会いに行けるって、壁の向こうに紫苑がいるって…何故か、分かったのよ」

どうしてかしら、ともう一度火藍は呟く。
その時、紫苑は何かを聞いた気がした。
はっと、耳をすます。

「…エリウリアスだ。母さん、分かったよ。エリウリアスが呼んでるんだ。ぼくたちも、行こう」
「え?紫苑?」

紫苑の腕で赤ん坊は上機嫌で、えうーと言った。



タイトルは、さまよりお借りしました。


|


←novel
←top





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -