隣に居座るふわふわの…


「ちょっとネズミ、風邪ひくよ?」

仕事に出掛けようとドアノブに手をかけたところで、声をかけられる。
ぱたん、と紫苑は読んでいた分厚い本を閉じ、古びたソファから立ち上がった。

「今日は冷える。その格好じゃ寒いんじゃない?」
「うるさい、あんたじゃあるまいし風邪なんか…」

ふわっ、と抱きすくめられる。
ネズミは最後まで言い終えることが出来なかった。
不思議と安心する暖かい腕の中で、ネズミはゆっくりと瞼を閉じる。
ドアノブにかけていた手は、いつの間にか紫苑の背中に回されていた。


の…


紫苑の手が頭に触れ、結い上げた髪をほどく。

「…なんだよ、紫苑」
「だって、首筋…寒いでしょ」
「べつに」
「うそ」
「慣れてるから」
「…きみは良くても、見ているぼくが寒くなる」

ふふ、と紫苑の肩に顔を埋め、密やかに笑う。
今度は紫苑が、なんだよと言った。

「髪、伸びたなと思って」

くしゃりと白髪をかき混ぜ、ネズミはその首筋にキスを落とす。
仕事に行く気は、とうに失せていた。
代わりに、ある考えが浮かび上がる。

「なぁ、紫苑」
「うん?」
「外に出ようぜ」
「だめ」

紫苑はネズミに回した腕に力を込める。

「きみが風邪ひく」
「心配性だな」
「心配させてるのは誰だよ」
「は?」
「今だって、微熱あるだろ、ネズミ」
「え?」
「ぼくが気づいてないとでも思ってたのか?外に出たら間違いなく悪化する。今日は外出禁止」
「紫苑」

ネズミはゆっくり腕をほどき、両手で紫苑の顔を挟み、その深い瞳を覗き込む。

「分かったよ、紫苑。今日は仕事を休む。これでいい?」
「…うん、でも」

きっとその言葉の先には、家でおとなしく療養しなさいと続くのだろう。
紫苑の声に被せるように言葉を続ける。

「ちょっと見せたいものがあるんだけど。だから、少しだけ。それならいいだろ?紫苑」
「…きみが、そんなに言うなら」

結局、折れたのは紫苑の方だった。
紫苑がしぶしぶ了承したと見るやいなや、ネズミは紫苑の手を取って外へ出る。

肌を刺すような冷気が二人に吹き付ける。
しかし、階段を上りきり地上へ出れば、風は凪ぎ凍てついていた。
吐き出した息は白く空気中を漂う。
紫苑は無言で自分のダッフルコートをネズミにかけた。

「…あんたが寒いだろ」
「そう思うなら早く家に、」
「あっ、見ろよ紫苑!」
「え?」

ネズミが天へと手を差しのべる。
そこへ、ひらりと白い結晶が舞い落ちる。

「紫苑、初雪だ」
「ほんとだ。…綺麗だ」

今まで凍っていた空気が、ふっとやわらぐ。硬直がほどけていく。
灰色の空からはらはらと舞い落ちてくる真っ白な雪。
その中で、ネズミは踊るようにくるりと回った。紫苑のコートが、肩にかかったまま風をはらんで舞った。

水気をあまり含まないさらりとした粉雪は、ネズミの黒髪に落ちてなお白く輝いている。

『風は魂をさらい、人は心を奪う』

透明な歌声が、空へ昇る。
紫苑は瞬きすら忘れて聞き惚れ、ネズミの姿に見入る。

『大地よ、雨風よ、天よ、光よ。ここに全てを留めて』

ふっ、とネズミは息をつく。
雪は溶けないまま、地面に積もり始めている。
ネズミは紫苑を振り返る。白一色になっていく景色の中に、その姿はうまく溶け込んでいた。彼の白髪が美しい。

ネズミと目が合うと、紫苑は少し笑い、静かに言った。

「すごく、綺麗だ」
「ああ」
「そろそろ、家に帰ろう」

紫苑は冷たくなったネズミの手を握る。紫苑の手は変わらず暖かい。

「…ありがとう、ネズミ」

そして、その声音はもっと、暖かく優しかった。


ふふっ、ネズミ

うん?

まつ毛に、たくさん雪がついてる

は?もう溶けてるだろ

うん、溶けてるけど。細かい水滴がたくさんついてて、きれい

それ言うなら、あんたもだぜ

えっ

あっ、そうだ、紫苑。明日、廃墟の公園に連れてってやる。雪が積もったら、なかなかに綺麗だ

…きみの熱が下がったらね。ほら、スープつくっててあげるから、暖かくしてベッドで寝ててよ



遅くなってすみませんんんん!!
48000、藍さまより「ネズミが好き過ぎてしょうがない紫苑(紫ネズ)」というキリリクでした!
あ…れ…?しょうがない紫苑になってます?ただの心配性な親になっちゃいました!むしろネズミが無邪気でしょうがない感じですね、すみません!!
このお話の二人は翌日、ピクニック気分で公園行って…と、エンディングのシーンに繋がります、たぶん。
ああもう私ったら、美味しいリクエストお題を上手く生かせなくて…っ、すみません…っ!!
返品書き直し受け付けております!!orz
これからもどうか、よろしくお付き合いくださいませ…!m(__)m

タイトルは、さまよりお借りしました。
それから、規約の範囲内で少し改変してあります。
原題は「隣に居座るふわふわの君」でした。



|


←novel
←top





×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -