03


「じゃあまず、この一週間で食べたものを思い出してみようか」

ようやく二人とも落ち着き、向かい合って座り、白湯をすすっている。

「7日前に食べたものなんか、あんた覚えてるわけ?」
「もちろん。えっと、普通にクラッカーだった。湿気てもなかったしカビてもなかった。6日前はシチュー、5日前もその残り、4日前は乾パンと干し肉だったよな」
「さっすが。でも3日前のはおれも覚えてる。豪勢なパイだったよな」
「うん、パイとサラダ。一昨日はまたクラッカーで」
「昨日もクラッカーで」
「それで、今日は乾パンだけだよな。…それで肝心なのは、きみは食べてて、ぼくは食べてないものが何なのか、だよね」

うーん、と紫苑は考え込む。
ネズミも眉をしかめ、首をひねる。

「同じもの食べてるよね?」
「おれも外食なんかしないし。危険すぎる」
「拾い食いとかしてないね?」
「まさか、あんたじゃあるまいし」
「え、ぼくだって、そんなことしないよ。ネズミ、ちゃんと思い出してよ」
「…あ」
「なに、思い出した?」
「…酒を、飲んだな」
「は?」

すっ、と紫苑は目を細めた。
その視線に咎められ、ネズミはたじろぐ。

「いや、飲み屋に行ったとかじゃないぜ。ファンからもらった小さな小瓶の酒を、家で飲んだ」
「ふぅん。いつ?」
「…昨日の夜。あんたが寝てから」
「確実に、それが原因だと思うけど。ねぇ?」
「否定は…しない」
「なんで不用心にそんなもの飲んだんだ」
「…上質なシャンパンだったし。味もちゃんとしてたし」

ネズミは、しゅん、としおらしくうなだれた。
そのあまりの可愛さに、怒っていた紫苑も頬をゆるませる。

「ま、ぼくはきみが女の子のままでもかまわないんだよ?」
「紫苑…!」
「もともと、きみの不注意が原因だし?」
「なっ…、見捨てるなよ、あんた生態学専攻の元エリートだろ?なんか薬でも作れないのかよ」
「そんなこと言われても…だいたいそれ、人にものを頼む態度じゃないよ」
「…すまない紫苑、どうにかおれを元に戻してくれ」
「えー、もっと可愛く」
「は?」
「もっと可愛くおねだりしてよ」
「なっ…、ふざけんな」
「じゃっ、知らないよ?」
「うっ…」

さて、この後のことは推して測るべし。
数日後には、紫苑のおかげか単に薬の効き目が切れただけなのか、無事ネズミは男に戻れたようだが、久しぶりに劇場に現れた彼はげっそりやつれていたという。
一方、紫苑の肌つやは輝かんばかりであったとか、そうでなかったとか。


…覚えとけよ、紫苑

え?なんのこと、ネズミ?

とぼけんな。…ふふっ、あの酒、まだ残ってんだからな

えっ…、ええ!?

いつかあんたにも、同じ思いをさせてやる…!




41000hit、塩水さまより『NO.6でネズミ後天性女体化ネタで紫ネズ』というキリリクでした!
素敵なリクエストをありがとうございます!!
もうニヤニヤしながら楽しく書かせていただきました!(楽しいのはきっと私だけですが…すみませんんん)
どうにか…こう、脳内補完でよろしくお願いします…!今回もラスト丸投げしてしまいました…(;´`)
あ、でも、ごみばこにある女体化ネタの二人は、この二人のその後だったりします。
ごみばこのは、あまりにひどかったのでボツネタにしたんですけどね…(^^;
一応この二人は原作沿いです…妙にネズミがしおらしいけど…ああ力量不足に歯軋りです…うう。

こんな駄文でごめんなさい、返品及び書き直し受け付けておりますので…!m(__)m



|


←novel
←top





×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -