02


「ネズミ…なんで女の子になったのか、聞いてもいい?」
「おれが知るかよ」
「じゃあ、いつから女の子になってたの?」
「…朝、起きたら」
「えっ、ぼく気づかなかった」
「あんたは鈍感だからな」

ははっ、といつも通りに笑うネズミを、紫苑は見つめる。

顔が少し小さくなった気がする。きれいな眉、細くなった顎、顔のわりに大きな灰色の瞳が際立っている。
首筋や肩も華奢になり、白いうなじにかかる長めの黒髪が少女らしい。

紫苑はだんだん視線を下げていき、それはネズミの胸のところで一時停止する。
超繊維布を羽織っているせいであまりわからないが、その輪郭線は明らかに女性のものだ。

「紫苑」
「うん?」
「あんた、どこ見てんだよ」
「え?ああ、ええと、胸が──」

最後まで言い終わらないうちに、ネズミの平手が飛ぶ。

「こ…っ、こここの変態っ!見損なった…!」

頬を上気させ、ネズミは憤怒の表情で仁王立ちに立つ。
一方紫苑は、打たれた左頬を押さえながら、ぽかんとしている。

「…ネズミ、どうしたの?」
「は?」
「痛く、ないんだけど。しかも、平手打ち…?」
「え?」
「この前喧嘩した時は思いっきり拳で殴られた記憶があるんだけど。なんか、行動パターンまで女の子になってない?」
「なるほど、分かった。そんなに拳が良かったか。歯くいしばれ」
「ちょ、ネズミ?えっ、そうじゃなくてっ」

今度はネズミの拳が飛んでくる。
咄嗟に紫苑はネズミの手首を掴み、直撃を防ぐ。

「…あれ?ネズミ、力まで弱くなった?わ、手首も細いじゃん」

拳を阻まれたネズミは、くっ、と悔しそうに顔を歪める。
だが今の紫苑には、それさえも可愛らしく見えた。

「ネズミ…っ、かわいい…っ」

そのまま、ぎゅっとネズミを抱きしめる。柔らかい。
ネズミは紫苑の腕のなかでじたばたもがく。

「ばっ、離れろ、馬鹿!」
「ふふっ、ねぇネズミ」
「なんだっ」
「気が付いてた?ぼくの方が背が高い」
「…っ」
「ふふふ。ぼく、このままネズミが女の子になっちゃっても全然かまわな…」
「この鬼畜野郎!」
「ああもう、最後まで聞いてよ。きみは困るよねって言おうとしたのに」
「あああ当たり前だっ」
「やっぱり、解決策は考えなきゃだめだよね…うーん」
「考え込む前に手を離せ!」
「えー。いやだ。もう少しこのまま」

ネズミの渾身のアッパーカットが、今度は紫苑に直撃する。
これにはさすがに紫苑も涙目になったことは、言うまでもない。



|


←novel
←top





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -