君と刻む日常


ガチャリと鍵穴が錆び付いた音をたて、地下室のドアが軋みながら開く。

「おかえり、ネズミ。早かったね」
「あれ、あんた、今日はイヌカシのとこ行かなかったのか」
「うん、今日はおやすみ」





「あ、紫苑」

スープをかき混ぜていたら、後ろからネズミに名前を呼ばれる。

「なに?スープはもうちょっと待ってて、まだジャガイモが煮えてない」
「ジャガイモ入りスープ?今日はまた、豪勢なことだな」
「うん、八百屋の女将さんがおまけしてくれた」
「…ああ、あの女将さんか」
「もしかして、ネズミのファンなのかな?だからおまけしてくれたのかも」

くすっ、とネズミが口元に手をあててひそやかに笑う。
いつも、その何気ない仕草に目を奪われてしまう。

「あんたって、ほんと天然だな。その女将はあんたに、気があるんだろうさ。何でもおれと結びつけるなって」
「そう…かな」
「天然っていいより、もはや鈍感の域だな」
「うーん、よく言われる」
「へぇ、誰に?」
「きみに」
「おれかよ」
「うん。今だってほら、言われてる」

天然だとか鈍感だとか、よくネズミに糾弾されるけれど、それに時々腹を立てたりするけれど、不思議と今はそうじゃなかった。
むしろ、少し嬉しい気さえする。
それがネズミにも分かるのか、こちらを覗き込んで怪訝な顔をしている。

「鈍感とか言われて、あんた何喜んでんの?」
「へへ、だってさ、ネズミが嫉妬してくれてるみたいだったから」
「は?」
「この前、初めて西ブロック案内してくれた時もさ、大男の時は助けてくれなかったのに娼婦からは助けてくれたし」
「何が言いたいわけ」
「分かってるくせに、ネズミ」

背後で、ふっとネズミが息をつくのが分かった。
呆れられたため息か、降参のため息か。

「やれやれ、あんたもなかなか言うようになって」
「ふふっ、きみのおかげだ」
「そりゃ良かった。鍛えがいがある。飲み込みが早くて優秀な生徒だ。さすがはもとエリートさん」
「お誉めにあずかり光栄に存じます、陛下」
「陛下の役はあんただろう?」
「たまには、ぼくにも騎士役をまわしてよ」
「あんたには10年早いさ」
「10年待てば、いいのか?」
「どうかな。100年早い、に訂正しようかな」
「ええっ。…あっ、ネズミ、ジャガイモ煮えたよ。お皿ちょうだい」
「ああ、ほらよ」

いつもより心持ち野菜の多いスープを注ぎながら、ふと思い出す。

「あ、そうそう、ネズミ」
「うん?」
「何か言いかけてなかった?」
「ああ…そうだったな」

スープをネズミに手渡す。
ネズミは正面からぼくを見て、ぷっと吹き出す。

「…なんだよ」
「なんか、そのままでも可愛いけどな、紫苑らしくて」
「どういうことだよそれ、焦らすなよ」
「じゃっ、鏡でも見てきたら?」


|


←novel
←top





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -