02


女の声が頭の中で反響する。

『大事な大事なぼうやなんだろう?』

こうも絡まれたらたまらない。
今日でお遊びは終わりだ。
紫苑に手を出されてからでは、
もう遅い。
今のうちに片付けておかなければ…。

女にばれないよう、ネズミはそっとナイフのサックを外す。

そうとは知らず、女は赤く長い爪で優しくネズミの頬を撫でた。

「ほら、私だけを見ていて…全てを私に預けてごらん…怖がらないで…さあ」

きつい香りが、鼻孔を直撃する。
胸のむかつくような香水の匂いに、ネズミは目眩さえ覚える。
絡みつく臭気に、ナイフの切っ先が鈍っていくような気がした。
目眩がひどくなる。
視界がぼやける。
光が歪んで、まわりの景色が蜃気楼のように見える。

「そういうことだったんだ」

熱に浮かされたような空気に、涼やかな声が響いた。
さっと冷気が滑り込む。
ネズミは、やっと目の焦点をあわせることができた。
女の背後に、信じられないものを見る。

「…紫苑?」

紫苑は、白髪と紅い蛇を隠すことなく立っていた。
女が驚いて目を見開く。

「おまえは…なぜここに…」
「ネズミから、離れてください」

礼儀正しく、紫苑は女に頼む。
しかしそれは、紛れもない命令の響きを持っていた。
一瞬怯んだ女は、次の瞬間笑い出していた。

「あははは、なんて馬鹿な子。イヴがどうして私に従っていたと思っているの?おまえを守るためだというのに。なんて愚かな…自分からのこのこ巣から出てくるなんて」

紫苑は、微笑んだ。

「愚かなのは、そちらです。…ネズミ、この人は何も知らない。つい先週、西ブロックに来たばかりの娼婦で、イヌカシから情報の断片を買っただけらしい。今日、イヌカシから聞いてきた」
「…へぇ。なるほど、形勢逆転だね、お姉さん?」

ネズミが凄絶に笑う。
鮮やかに女の腕を払い、動けないよう壁に押し付ける。その首にはナイフの切っ先があてがわれていた。
ひくっ、と女が息を呑む。
ネズミはその耳元で囁く。

「イヌカシが、娼婦の払える金額で、おれの家の正確な場所を教えるわけがない。さて、おれをたぶらかした罰を、どんなふうに与えてあげようか?」

女は喋らない。
唇を真一文字に引き結び、だんまりを決め込む。

「ネズミ、放してあげて」
「は?紫苑?」
「ここに来たばっかりの人だもの、勘弁してあげたら」
「あんたはなんでそう、いつもいつもお人好しなんだ」
「ネズミ、でも」
「…ちっ。分かったよ」

ネズミはナイフをしまい、女を突き放す。
最後に、低い声音で念を押すように凄む。

「いいか、おれと紫苑の前に二度と現れるな」

腰を抜かした女は、黙って頷いた。

紫苑がネズミの手を取る。
「早く帰ろう、ネズミ」



|


←novel
←top





×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -