家出少年ネズミ


!)学パロ、ネズ紫
突っ張ってる中学生ネズミ×優しい新米教師紫苑



職員室の電話が鳴る。
じりじりそれを待っていた紫苑は、もぎ取るように電話口に出る。

「もしもし、No.6学園中等部です」
「こちら、三浦警察署ですが、2年C組の担任、紫苑先生にかわっていただけますか」
「あっ、はい、ぼくです」
「ネズミ君という生徒を保護してますが、できれば先生に迎えに来ていただけます?両親に会いたくないと頑なな様子なので」
「は、はいっ、すぐ参ります!」


家出少年ネズミ


「すみませんっ、ご迷惑おかけしましたっ」

ばんっ、とドアを勢い良く開け、若い中学教師…紫苑が警察署に入ってくる。
取り乱した様子の紫苑とは対照的に、落ち着いて冷淡とも取れる警察官が応対する。

「あ、2年C組の紫苑先生ですね」
「は、はい!」
「私は羅史といいます。それで、ネズミ君ですが、こちらの部屋にいます。ご案内しましょう、ついてきてください」
「あ、あのっ」
「なんでしょう」
「ネズミはどうやって見つかったんですか?そもそも都内から三浦半島まで…金も持たない中学生が自力で来るなんて…」
「紫苑先生は、ここまでどうやって来られました?」
「は、え、ぼくですか?」
「そう、交通手段です」
「ご連絡を受けてから、急いで車で…」
「同じですよ、ネズミ君も。道端に停車していた車を窃盗して三浦半島まで来た。でもここで事故を起こし、我々に保護されたと…なんのことはない、簡単なことです」
「えっ、事故、…交通事故ですかっ?」

事故、と聞いて紫苑は狼狽する。
あたふたしている、いかにも新米な紫苑をちらりと一瞥し、安心させるために羅史は僅かに微笑んだ。

「ああ、ご心配には及びませんよ。軽い接触事故のはずみで溝にはまり、道路上で車が動けなくなったので通報されただけです。車体の損傷はありましたが、怪我人は1人も出ていませんよ」
「そ、そうですか…良かった。ありがとうございます」

ほっ、と紫苑は肩の力を緩め、ふわっと羅史に笑いかける。
羅史は顔を背けそれを無視すると、ぴたりと足を止めた。

「…ここの部屋です。ふてくされていて、我々には手に負えません。どうにか説得して連れて帰ってください」

事務的にそう告げると、足早に羅史は去っていく。
感謝の言葉を言いそびれ、一瞬紫苑は戸惑ったが、すぐにネズミの部屋のドアに向き直る。
一旦深呼吸をして、紫苑はドアをノックした。



|


←novel
←top





×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -