ちょっとだけ、隙を見せてよ


!)学パロ
・紫苑、ネズミ、沙布は高等部1年
・沙布は生徒会長
・『空に告白した夢を見た』と『フラグを回避せよ』と同じ設定
・でも今回沙布は出番なし…ごめんね


あれ、ネズミがいない。

2限目の授業中、紫苑は教室からネズミの姿が消えていることに気付いた。
1限の授業には珍しく遅刻もせず、ちゃんと出ていたはずなのに。
しかも2限の授業は古典、ネズミの得意な科目だ。
おかしいな、と紫苑は首をひねり、次の休み時間にはネズミを探しに行こうと思った。





「ネズミ、やっぱりここか」

ずいぶん秋は深まり、風は冷たくなっていた。その風の吹きさらしになる屋上でネズミは一人、悠然と立っていた。目を細め、空を見上げている。

「あ、来たんだ、紫苑」
「当たり前だろ、ネズミ、いきなり消えるんだもん」
「ふふっ、心配した?」
「ううん。きみの行きそうなところは予想がついたから」
「あっそ」
「でも…もう寒いね、ここ」

うっかりブレザーを着ないでセーターのまま出てきてしまった紫苑は、ぶるりと身震いした。
ネズミは紫苑の様子に気付き、首に巻いていたマフラーを紫苑にかけてやる。
そのマフラーは特殊な繊維で織られたもので、驚くほど暖かかった。

「ありがと、ネズミ。きみは、寒くないの?」
「全然。あんたみたいに、ひ弱じゃないから」
「ふぅん。強がって風邪なんかひくなよ。…ほんとに暖かいや、これ」
「そりゃよかった」

ネズミの温もりを残したマフラーにくるまり、紫苑は微笑む。
ネズミも紫苑の笑顔を見て、満足げに表情を緩める。
3時限目を告げるチャイムが鳴ったが、二人とも聞こえないふりをした。

「…そうだ、紫苑」
「うん?」

ごそごそとネズミはポケットを探る。
そこから取り出したのは、ポッキーだった。箱の角がつぶれ、少しへしゃげている。

「食う?」
「うん。…でもそれ、折れてるんじゃない?」
「かもな。今朝急いでたから」
「え?」
「なんでもない…っと」

綺麗なネズミの指が、優雅に封を切る。ネズミにかかると、たとえ扱うものがスナック菓子であっても、とても優美な動作になる。
その様子を、紫苑は惚れ惚れと眺めた。

「あ、やっぱりほとんど折れてやがる」

ちっ、とネズミは舌打ちし、苦心して折れてないポッキーを選ぶ。

「じゃあぼくも…」

紫苑もポッキーに手を伸ばす。だが、ネズミはそれをすっと避けて、にやりと笑う。

「…なんだよ」
「今日はなんの日だったっけ。あんたが食うのは、こっちだよ」
「…ポッキーゲームでも、するつもり?」
「ご名答」
「そんなの、ただの商業戦略じゃん」
「それに乗っかって楽しんだっていいだろ?」

ネズミはポッキーをくわえる。そして、促すように小首を傾げた。
その視線に負け、もう片方の端を紫苑もくわえる。

カリッ。カリッ。

紫苑は二口進んだところで固まってしまう。
ネズミの顔が近い。灰色の瞳に吸い込まれてしまいそうだ。
かあっと顔に熱があつまる。慌ててポッキーを放そうとする。
だが、ネズミの視線に絡めとられて動く事ができない。

カリッ、カリカリッ。

動けなくなった紫苑とは違い、ネズミはどんどん食べ進んでくる。

カリッ、カリッ、カリカリッ。

近い。すごく近い。鼻と鼻がぶつかりそうだ。
紫苑は思わず、ぎゅっと目を瞑る。
ネズミもそっと目を閉じた。

チュッ。

紫苑の唇までたどり着いたネズミは、軽いキスをして離れていく。

緊張していた紫苑は、ふう、と息を吐き、少し拗ねて言う。

「…納得いかないよ」
「え?」

まだ赤い顔のまま、紫苑はふてくされている。

「ぼく、ほとんどチョコのとこ食べてない」
「あんたが止まるからだろ」
「最初からきみの方がチョコの部分だったし」
「じゃ、もっかいする?残ってるの、もう短いのばっかりだけど」
「…する」

ふふふ、とネズミは笑う。
紫苑もちょっと躊躇ってから、照れたように笑った。



以上、はポッキーの日の紫苑とネズミでしたー。
ネズ紫なのか紫ネズなのかはとくに意識してません。
どっちにしても可愛いからこの二人大好きなんです。
最後なんだか紫苑が赤面しまくっててネズ紫っぽいけど、それは紫苑が照れ屋さんなだけかも。

あっ、それからネズミはちゃんと計算してます。
これ、3限目のお話なので、ちょうど11時11分あたりの時間帯。
高校だから…1限目が8:30からだとしたら3限目が10:30からだもんね…!

でも、今日が11/11だったってこと、うっかり前日まで忘れてて、朝コンビニで買ってポケットに突っ込んできたネズミさん。…て設定でした(本文中で語りきれなかった…)

ちなみにこの二人は、まだ付き合ってないか、付き合いだして間もない頃をイメージしてます。

素敵なタイトルは、さまよりお借りしました。



|


←novel
←top





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -