勘違いから始まり始まり


10/28〜11/7までの拍手お礼文、君の世界番外7、イヴ転入編

「イヴです、こんにちは。そこにいるネズミはふつつかな弟で、皆さまにご迷惑おかけしているようで本当に申し訳ありません。私は両親と共にアメリカで暮らしていますが、今は一時的に帰国しています。短い間かと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします」

さらさらと立て板に水に流暢な日本語を並べ立て、『短期交換留学生』という肩書きを勝ち取ったイヴは、優雅に一礼した。





なにが、『ふつつかな弟』だ。
女子のブレザーを違和感なく着こなす兄に言われたくない。
だいたい、おれがいつどこでクラスメイトに迷惑をかけたよ。
ま、ぼっこぼこに殴ったやつなら何人もいるが、それは喧嘩だからしょうがない。
ちょっと前までは不良を名乗っていたおれも、最近は随分まるくなったんだぜ。

ネズミは仏頂面でそんなことを思いながら、教壇に立つイヴを見ないですむように窓の外に視線を向けていた。
短いスカートをはき、美しい生足をさらしている兄を凝視できるほど、ネズミの神経は太くない。
だが、クラスの大半の生徒は惚れ惚れとイヴの姿に見惚れていた。
担任である紫苑も、いささか戸惑っているようだ。
きっとその心中は、イヴを男子生徒として扱うべきか否かで葛藤しているのだろう。

「…えぇと、じゃあ、イヴ…さん。席はあそこに座ってください」

あーあ。紫苑、まずったな。
あんたのせいで、ここにいる全員が誤解したぞ。
あんたはイヴの格好に構わず、イヴ君と言うべきだったんだ。

はぁ、とネズミは嘆息し、机に突っ伏す。
…波乱の予感がした。


ネズミ、なに寝てんの、お行儀の悪い

…なんで隣にイヴがいんだよ

紫苑せんせに言われた席だけど?

うわ、最悪

なんだって?もっぺん言ってみな

イヴ兄さんが隣で嬉しいな

ネズミ?お姉さまに向かって、何言っちゃってんの



(つづく)
わわわ、更新が1ヶ月以上開いてしまってすみませーん…!!
これからイヴ兄が学園をかき回します。そしてネズミと紫苑は振り回されます。たぶん(笑)



|


←novel
←top





×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -