静寂を埋めるになりたい

01既にして場内アナウンスの少女の声が美しく神秘的である。それが終わると、場内にはにわかに黄昏の色が忍び込んで、鮮やかな美しさだ。

02天井に映された太陽が西へ傾き、落ちると、大阪の夜の空が浮かび出てくる。降るような星空だ。

03月が出て動く。星もいつか動く。と見る間に南極の空が浮かび上がって星の世界一周が始まったのだ。


HTML
HEAD
「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -