泣きたくなる透明感

無垢、という言葉を知ったのはいつだっただろう。思い出せやしないけれど、多分もうそんな言葉が似つかわしくない、そんな頃だった。規則的に並べられた文字をそっと指でなぞってみる。無垢、穢れを知らない、純白。私はどこで間違えたのだろうか。もはやその言葉を使う日は永遠にこない。本当に愛していた。わたしの生涯の中で唯一の輝きだった。彼は美しかった、優しかった、適わなかった。いつまでも原石のごとき輝きをもって彼はこのまま歳をとることもなく、永久の若さを持って、わたしを置いて永遠を手に入れてしまった、その生を代償に。

無垢、という言葉を知ったのはいつだっただろう。思い出せやしないけれど、多分もうそんな言葉が似つかわしくない、そんな頃だった。規則的に並べられた文字をそっと指でなぞってみる。無垢、穢れを知らない、純白。私はどこで間違えたのだろうか。

もはやその言葉を使う日は永遠にこない。本当に愛していた。わたしの生涯の中で唯一の輝きだった。

彼は美しかった、優しかった、適わなかった。いつまでも原石のごとき輝きをもって彼はこのまま歳をとることもなく、永久の若さを持って、わたしを置いて永遠を手に入れてしまった、その生を代償に。


再度、考えてみる。
もう癖になってしまったようなものだ、二度考えるのは。やはりこの景色は見たことがある。正夢というやつだ。いつからかは忘れたが、どういう理由か気付けば見たことがある景色に立っているということが度々起きるようになった。やはり理由はわからないがとにかく一度私はここに来たことがあるのだ。夢か真かは区別がつかない。いや、二度目ということは今は現か。しかし、近頃あまりにも夢の方も確実に現実味を帯びてきているので、私は段々と夢か現実かの区別がつかなくなってきている。とにかく分かることは二度目は現実ということだけだ。何故こうなったかはとにかく分からない。どういう理由か私は必ず二度、同じ場所に立つのだ。夢か真か、何かに化かされているのだろうか。それともこれもすべて、夢なのだろうか。何度経験しても答えは出そうにない。

再度、考えてみる。
もう癖になってしまったようなものだ、二度考えるのは。やはりこの景色は見たことがある。正夢というやつだ。いつからかは忘れたが、どういう理由か気付けば見たことがある景色に立っているということが度々起きるようになった。

やはり理由はわからないがとにかく一度私はここに来たことがあるのだ。夢か真かは区別がつかない。いや、二度目ということは今は現か。

しかし、近頃あまりにも夢の方も確実に現実味を帯びてきているので、私は段々と夢か現実かの区別がつかなくなってきている。とにかく分かることは二度目は現実ということだけだ。

何故こうなったかはとにかく分からない。どういう理由か私は必ず二度、同じ場所に立つのだ。夢か真か、何かに化かされているのだろうか。それともこれもすべて、夢なのだろうか。何度経験しても答えは出そうにない。

HTML
HEAD
「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -