さようならば、お狐様。

月夜に七人の子供が歩いておりました。大きい子供も小さいことももまじっておりました。

狐につかれるというのはどんなことかしらん。文六ちゃんの中に狐がはいることだろうか。文六ちゃんの姿や形はそのままでいて、心は狐になってしまうことだろうか。

おなじ月夜で、おなじ野中の道では、誰でもおなじようなことを考えるものです。そこでみんなの足はしぜんにはやくなりました。

狐 - 新美南吉青空文庫より
Title byすいせい
Request from 左様ならば、お狐様。
item by icooon mono and Bg-patterns
HTML
HEAD
「#エロ」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -