これから


 それから程なくして、マンションに辿り着く。
 シートベルトを外し、水森が助手席から降りた。
 その姿を見届けてから、俺も運転席を降りる。
 そのままお別れだと思っていたらしい水森は、俺の行動に首を傾げていた。


「部屋の前まで送ってく」


 そう告げて手を差し出せば、水森は戸惑いつつも、おずおずと手を差し出してくる。
 緩く握った手は滑らかな曲線を描いていて、温かくて柔らかい。
 頬を染めながら唇を結んでいる水森は、なんというか、とても可愛かった。

 彼女の部屋は3階にある。
 さほど遠い距離でもない。
 だから手を繋いだところですぐ離さなければならないけど、彼女の特別なポジションに立てた事が嬉しくて、その立場を実感したかった。
 そんな格好悪いことを言う勇気もなく、マンションの中に足を踏み入れる。

 エレベーターを素通りしてわざと階段を使うあたり、わかりやすいなと自分でも思う。
 3階の上り口に着く頃にはお互い息が上がっていて、間抜けすぎて少し可笑しかった。





「今日は、誘ってくれてありがとうございました」


 部屋の前に着き、水森が俺に頭を下げる。
 こんな時でも彼女は丁寧だ。


「こちらこそ。また明後日、会社で」

「はい」

「ちゃんと鍵閉めろよ」

「……はい」

「……」

「……」


 なんとなく、互いに見つめ合う。
 名残惜しくて離れがたいとか、ほんとどんだけだよ。
 まだ掛けるべき言葉があるんじゃないかと思案していた時、水森は急に身を翻した。


「ちょっとだけ、待っててください」

「え」


 俺の返事も待たず、彼女は部屋の扉を開ける。
 そして奥へと消えて行った。
 訳もわからず待っていれば、カシャン、と鈍い音が部屋の奥から聞こえてくる。それは、どこかで一度は聞いたことがある無機質な音だ。
 何の音だったかと首を捻っていたら、水森は小走りで玄関先へと戻ってきた。腕に、何かを抱えながら。

 その何かに視線を落とせば、2匹の小動物が彼女の腕に抱えられている。茶色い毛並みで覆われた、耳がペタンとしな垂れているウサギだった。
 そして傍らには、白と黒の毛が入り混じった謎の生き物。
 長い毛並みで覆われていて、顔がどこにあって尻尾がどこなのかもわからない。
 わからないが、確実にウサギではない。


「……モップ?」

「モップじゃないです。ウサギのウサ子と、モルモットのモル男です」

「……そのまんまだな」

「そのまんまです」


 ネーミングセンス皆無か。
 苦笑しつつウサギを撫でれば、つぶらな瞳を俺に向けたまま、鼻先をすんすんと鳴らし始めた。
 俺の手は食いモンじゃないんだけど。
 飼い主に似たのか。
 モルモットらしい生き物に至っては、どこに目があって口があるのか、全然わからない程のもっさり具合だ。


「ペット、いたんだ」


 先程の鈍い金属音は、ゲージを開閉している音だったらしい。


「はい。キリタニさんはペットを飼っていないようなので、黙ってたんですが。折角の機会なので、ご紹介しようかと」


 ああ、なるほどな。って思った。
 ペットを飼っていない奴にペットの話をされるほど、苦痛なものは無いから。
 その辺りの機転や気遣いが咄嗟に、自然とできてしまう。他の女の子には無い、水森だけの長所だ。


「あの」


 両腕に収まっている2匹を抱え直して、水森は俺を見上げた。
 相変わらずの無表情で。


「これからも、よろしくお願いします」

「うん」

「飽きられないように、頑張ります」

「……」


 その言葉の端から、彼女の中にある不安が感じ取れる。
 好意を抱いていた男から飽きられて、振られてしまった過去の記憶。
 俺を信用していないわけじゃない。
 それでも、不安要素は拭えないんだろう。


「……頑張らなくてもいいよ」

「でも」

「関係が変わっても、何かを無理に変える必要ないだろ」

「………」

「今までみたいに仕事の話して、株の話もして。またこうやってご飯、食べに行こ」

「……キリタニさん」

「俺達は『ご飯仲間』、だろ」

「……はい」


 花びらが舞うように、水森はふわりと微笑んだ。
 ご飯を食べてる時の笑みとはまた違う、きっと本来の素の笑顔。
 ……ここで全開の笑顔とか、ほんと反則だ。

 コートのポケットに手を突っ込んだまま、身を屈める。彼女の吐息を唇で感じながら、そっと熱を落とした。
 すぐに顔を離せば、無表情のまま赤面してる水森の姿がある。
 違和感がありすぎて、なんか笑えた。


「ふ、不意打ちはズルいと思います」

「そっちもな」

「え?」

「そろそろ帰る」

「え、あ、はい。おやすみなさい」

「うん。おやすみ」


 ゆっくりと扉が閉まる。
 施錠する音を確認してから、俺もその場から歩き出した。
 頬を撫でる夜風はひやりと冷たくて、でも心は温かい。
 スマホを取り出して時間を確認すれば、もう22時を回っていた。

 水森といると時間が経つのが早い。
 自宅から着信があった事にすら気付かなかった。

 車に戻ってから自宅に電話を掛け直そうとして、けれど突然、ライン音が響く。
 その相手先の名前を確認して、つい口元が緩んでしまった。律儀すぎる。
 彼女らしいシンプルな文面に苦笑しながら、俺もシンプルな一言を打ち込んで、送信ボタンを押した。



(本編・了)

目次

トップページ
- ナノ -