DCshort | ナノ
零に触れられるのが好き。

キスをするときに逃げないように顎を掴持ち上げる指先、髪をくすぐってくる鼻先、胸を弄ぶ唇と舌、細身なのに私を包んでくれる身体。

生まれたままの姿で、絡み合うのはもっと好き。



「ふ、っ、」


零が私の中に入ってくる。はじめは痛くて異物を取り除こうと力が入る私の身体は零を受け入れるのに慣れてきたようだった。

挿入されても零の愛撫で充分に濡らされたおかげで全く痛みはないし、気持ちよくてもっと欲しくなる。


「……痛くないか?」


それでも優しい零はいつもその言葉で心配してくれる。

こくこくと頷く私に零は頭を撫でてくれた。首元に顔を埋めてから、零はゆっくりと動いた。緩かな律動は気持ちいい。


「あっ…」


首を噛まれる感覚すら私の子宮は気持ちよくなっているらしい。

太腿を目一杯に開かれ、段々と激しくなる腰の動きに零の背中に腕を回ししがみつく。



「は……名前……締めるなよ…」

「わざとじゃな…あ、ぁんん!」



言葉は最後まで言わせてくれない。奥へ奥へと零は私の中を攻める。

零が時折、苦しそうな声を出す。

首にキスをされ、ちゅっちゅ、と唇が顔に上がってくる、耳朶を噛まれびくりと震える。快楽の波が私を襲う。

私の一番感じるところを零のペニスが擦り付けられるように動いて私は一際大きい声を出して達した。
全身の力が抜けて、ベッドに体重を預ける私に零はまだゆるゆると動く。

ああ、彼はまだ達していないんだ。
彼が達するまでに私はあと何回イカされるのだろう。


荒い息を繰り返し、正面にいる彼の顔はいたずらっ子みたいな表情をしている。
……余裕そう。


「れ、ぃのバカ……」

「とか言いながら名前はまだ余裕そうだね」

「っ、どっちがよ…」


下腹部を零の手に押される。きゅっと膣が締まる感覚。


「名前のここもだいぶ僕のに慣れてくれたみたいだし」

「っ…!」

「睨んでるのかいそれ?」


ペニスが引き抜かれる感覚、あ、と思ったら深く貫かれてしまった。



「きゃ、ぁっ……ふ、」

「煽るなバカ」


行き場をなくした両手はしっかりと零のそれで繋がれる。零の息遣いと私の嬌声が重なりあう。



「零、っ、も、だめ…」

「…ちゃんと顔見せて」

「や…」



ふるふると首を振って見ないでと懇願する。ぼんやりとした照明でも彼の目から逃れられないのはわかっていた。
それでもそんな顔を見せたくない。



「名前のイくとこ、見たい」

「やだ、って」

「ふーん。僕はまだいけるけど。このまま名前が何度もイカされたら明日は立てないだろうね」


究極の脅しだ。ここでイエスといえば彼自身も達するのだろうけど、拒否すれば彼が満足するまで付き合わされるということ。くたくたになったうえに貴重な明日の休みが寝込んで終わるとか最低だ。

首を降るのをやめて、零の顔を見る。
いい子だね、と額にキスをされた。
ぎゅっと握られた手に力が入る。


「可愛、くないから見ないで…!」


やっぱり抵抗してみた。自分のイくときの顔なんて一番不細工だと思うから見られたくないのが女心だろう。たぶん。


「可愛いし、興奮する」

「あ…!……零…」

「……━━━!」


ぽたり、上に乗る彼の汗が落ちてくる。


びくびくと膣が痙攣して、私はまた達した。今度こそ、もう無理だと思った。








……おかしい、私の中にいる零も確かにイッたはずなのにまた大きくなっている。今度こそ引き出されたペニスと中に出された精液がどろりと体内から排出された。
息も絶え絶えに彼の名を呼んだ。


「れ…い、?」

「名前、もう一戦付き合って?」

「は……?」

「最後に名前呼ばれると思わなかったから、嬉しくてつい」


ガバッと抱きしめられて、息切れしつつも呆れた。やっぱり明日は立てないフラグだこれは。
月があんなに高くなってしまったけれど、私は夜の間に眠れるのか不安がよぎった。






180508
×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -