1/1 


早朝から降り始めた雨は、今は止んでいるけれど、またいつ降り出すかわからない。
薄暗い城内のあちこちで篝火(かがりび)が焚かれ、壁や床に歪んだ影を生み出していた。

「家族?」

馬鹿にしたように笑ったリドルの顔の上でも、そんな炎から生まれた影が踊っている。
トム・リドルは秀麗な容姿を持つ少年だが、浮かべている表情には、少年と侮りがたい鋭さがあった。
秀麗であるが故に、人を恐れさせずにはいられない──そんな鋭さだ。

「くだらないな」

一刀のもとに容赦なく切って捨てた彼は、なまえを睨むように見据える。
先ほどの言葉が余程気に触ったらしい。

クリスマスは家族で過ごすもの。
それは英国ではごく普通の習慣である。
だからこそ、ホグワーツの生徒達も、その大半がクリスマス休暇ともなれば、こぞって家族の住む家へと戻っていくのだ。

今年もクリスマス休暇の居残り組のリストを作成するにあたって、希望者はそれぞれ自分の名前を書き込んでいたのだが、その流れで出た言葉だった。
テーブルの上のリスト、リドルの名前の下にはなまえの名前が並んでいる。
鼻で笑ったリドルは、しかし、ふと怪訝そうな顔をしてなまえを見た。

「家族で過ごすものだと言うなら、どうしてお前は帰らないんだ?」

「え?」

対するなまえはきょとんとしてリドルを見る。

「だって、トムは私の家族でしょう?」

虚を突かれたように黙ったリドルに、なまえは続けた。

「結婚するってそういう事じゃないの?妻にしてやるって言ってたから、じゃあもう家族なんだなって思ってたんだけど」

「…それは…」

いまここにアブラクサスがいなくて良かった。
珍しく動揺しつつ、リドルは忠実な腹心の部下の不在に安堵した。

「いくらなんでも少し気が早すぎないか」

「そうなの?」

まだ12歳になるかならないかという少女の認識は、こんなものなのだろうか?
──いや、この娘が年齢にしては幼すぎるのかもしれない。
そんな子供にうっかりプロポーズ紛いの事を言ってしまった罪悪感すら感じてくる。
この、僕が。
リドルは動揺を悟られないようにしながらも、呆れた顔をしてみせた。

「せめて最高学年になってからだろう」

「うん。わかった」

素直に頷いたなまえは、にこにこと無邪気に微笑みかける。

「でも、今年のクリスマスも一緒にいようね」

「…仕方ないな」

いかにも渋々といった様子で溜め息をついたリドルの頬は、篝火の炎にあてられたせいか、微かに赤く染まって見えた。


  戻る  
1/1

- ナノ -