今日はバレンタイン。
いつもお世話になっている長谷部にお礼がしたくて、

「私に出来ることなら何でも言ってみて。甘えてくれていいんだよ」

と言ってみたところ、

「でしたら、チョコを食べさせて下さい」

と言われたので、チョコをあーんして食べさせようとしたら、違うそうではない、と。
それでこうなってしまっているのだった。

「ん、ん、長谷部、美味しい?」

「はい。とても」

私の胸の膨らみに塗り付けられたチョコクリームを、長谷部の舌がねっとりと舐め取っていく。
尖らせた舌先で、くりくりと乳輪をなぞるようにして舐め回し、肝心な所にはなかなか触れてくれない。

「は、長谷部……」

焦れた私が名前を呼んだ途端、乳首をじゅうっと吸い上げられる。
舐めて、吸って、噛んで。
今まで焦らしていたのが嘘のように、そこを執拗に弄り回される。

「あっ、あ、そこ……そこ、きもちい」

「主はお好きですよねぇ、ここ」

「うん、すき、すき、もっとぉ」

乳首がじんじんするくらいそこを愛撫し倒してから、長谷部の舌は段々下に降りて行った。
塗り付けられたチョコクリームを舌で辿るようにお腹へと。

「ふふ……くすぐったい」

おへその横を降りて、際どい場所まで来ると、また上に戻ってしまう。
首筋を流れるチョコクリームを舐め辿り、胸の谷間に溜まったチョコをレロレロと舐め取って。

先に我慢が出来なくなってしまったのは私だった。

「長谷部、お願い……いれて……長谷部ので奥までかき混ぜて、一番奥に熱いのびゅっびゅってしてっ」

はしたない私のおねだりに、長谷部はその淡い青紫の瞳を細めて、ふ、と口元をほころばせた。
私の両脚の足首を掴んで大きく開かせ、ぐずぐずに蕩けた場所に、熱くて硬い大きなものが押し当てられる。

「主命とあらば、喜んで」


  戻る  



- ナノ -