この季節...




+---+---+---+---+



一「だっ大丈夫か、青山!?」

青「………大丈夫だ…」



ぐずぐず鼻を啜りながら答えるのは、マスクをして潤んだ涙目の青山。

おまけにちょっと鼻声だ。

花粉が辛いこの季節。

花粉症の青山は、苦しんでいた───。

青山が花粉症だと知ったのはつい数日前。

部活終わりで着替えていると、隣で着替えていた青山がやけに鼻を啜る音が聞こえた。

おまけにズズーッなんて鼻をかみ出すもんだから、少し吃驚してしまった。



青「う゛ぅ〜…」



鼻をかんだ後、青山が変な呻き声を辛そうに漏らした。

風邪か?と思い訪ねてみた。



一「何だ青山、風邪でも引いたのか?」

青「違う、花粉症なんだ…」

一「…花粉症ってそんなに辛いのか?」

青「あぁ、鼻水は出るしくしゃみも止まらなくなる。
酷い時は涙が止まらなくなる事もあるんだ…」



苦しそうに青山は説明してくれた。

俺は花粉症じゃ無いから、鼻水とかは出ないけど、潤んでいる青山の瞳から、本当に辛いものなんだと思った。



一「部活、無理すんなよな!」

青「っ!…あぁ、ありがとう」



ちょっと赤くなった青山の顔を俺は見逃さなかった。

早く花粉の季節が過ぎて、青山が元気になって欲しい、と、心から思った。



fin...



+---+---+---+---+



哀乃様へ相互記念小説

[ 1/1 ]

[*prev] [next#]
[mokuji]
[しおりを挟む]



×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -