天槍のユニカ



盤上の踊り(1)

第十話 盤上の踊り


 シヴィロ王国の西に接する、ウゼロ公国。公国は金をはじめとする様々な鉱物を、版図の全域から産出する鉱山の国である。その兄ににして主君であるシヴィロ王国は、旧くからウゼロ公国で産出される鉱物やその加工品を、陸路、水路を通じて近隣諸国に供給してきた。
 無論、シヴィロ王国内でもそれらの奢侈品は多く流通している。サファイアは王家のものだが、黄金は貴族から民に至るまでが好む。黄金は不変と豊かさの象徴であり、めでたく神聖な、神々の力に通じるものだった。
 王城の装飾にも、細々と、至る所に金の細工が用いられていた。ユニカが見上げている、議場の入り口の大きな扉にも。アーチ型の扉の天辺には、正義と導きの神である天の主神の象徴、黄金の天秤のレリーフが乗っていた。彫刻の天秤は勿論動かず、皿は平衡を保っている。国が常にこのような状態であるよう、この部屋では王と臣下が話し合うのだ。そして時には、天秤を傾けとようとする要らない重しの排除を決める。
「よ」
 入場をしばし待つように言われ、扉の前で待機していたユニカに声をかける者があった。エリーアスだ。彼は教会の使者として正装していた。着ている黒い法衣は、普段の質素なものと違い、襟から肩、袖にかけて、ふんだんに金糸の刺繍が施されている。刺繍は教会を象徴する百合の花の意匠である。伝師の身分を示す濃紫に金の縁取りのサッシュにも、地と同じ紫色で百合の紋様が描いてあった。
「派手だろ」
 ユニカがまじまじと見つめてくるので、自分の格好が珍しいのだと思い、エリーアスは左肩から掛けているサッシュをひらひらと揺らした。
「エリーもこの審問会に呼ばれているの?」
「お前が本当に王家に在籍しているのかどうか、証書を見せろという議員がいるらしくてな。好きなだけ確かめろってことで、教会の保管分を持ってきたんだよ」
 エリーアスは得意げに言って、彼の後ろに控える少年僧に持たせていた羊皮紙を取り上げた。太い紫色のリボンを巻いて封蝋で留めてあるから、この場で中を見ることは出来ないようだ。
「確かめるだけ無駄だぜ。“抜け”なんて無いんだからな」
「………」
 重ねて驚く貴族達の顔を想像しているのか、既にざまあみろとでも言いたげである。ユニカはそんなエリーアスを冷ややかな視線で見上げたまま黙った。
「どうした?」
 怒りの混じった眼差しに気づき、エリーアスは些か声を上擦らせる。
「王妃さまは、いったいいつから私を養女にしようなんて考えていたの?」
 その質問に素直に答えかけて、けれどエリーアスは息を呑んだ。ユニカの質問は、彼がクレスツェンツの思惑を知った上で、当のユニカには黙っていたという前提で投げかけられたものだと気づいたからだ。
 ユニカの推察は正しかった。エリーアスもまた、ユニカを自分の娘として迎えたい、そう望むクレスツェンツに相談を持ちかけられていた。

- 340 -


[しおりをはさむ]