天槍のユニカ



審問・青金冠(1)

第九話 審問・青金冠


 夜が明けきらぬ内から、王城の中は騒然となっていた。
 王太子の指揮の下、近衛隊が騎士、兵士、侍官等、二十名弱にものぼる人間を突如逮捕したのだ。罪状は明かされないまま、彼らは牢獄に繋がれた。
「後ろめたく思う必要はない。卿の告白は卿の身内のみならず、王家のためにもなったのだから。その勇気ある決意を賞して死罪を減じ、卿には一族揃っての永蟄居を命ずる。――死のうなどと思うなよ、愛する妻子のためにも。以後、卿の代まで出仕は許さないが、心があれば卿の息子が王家に仕えてくれることもあるだろう。叛意を持たず、身を慎んで国王陛下よりお預かりした領地の管理を行うように」
 ローデリヒは何も答えず、一礼してディルクの執務室を出て行った。ディルクはその後ろ姿を見送りもしないが、傍で遣り取りを聞いていたラヒアックは悲痛な顔つきである。
「彼らが領地に入るまで警護を厳重にしてやれ」
「は……。しかし殿下……」
「これ以上言わせるな。近衛騎士に六名も欠員が出たんだ。この上卿にまで責任をとって辞めると言われては私が困る。公国からの異動人員が到着するまでは、現行の小隊制度も崩して城内の警備計画を考えなくてはいけないんだ。近衛の勝手を知っている卿がいなくてはやっていけない。それとも、やめてくれるなと私に泣いて懇願して貰いたいのか?」
「決してそのような……」
 納得いかない様子だったが、近衛隊長は押し黙った。衛兵隊長とは偉い違いである。
 部下の不忠は兵の長であった二名の隊長にも責任があるのだろうが、人が心の中で何を思うかまでは、支配することなどそうそう出来ない。それゆえ衛兵隊長は、自分の部下にも逮捕者が出たことは、衛兵隊長の職を全うすることで挽回したいと申し出てきた。ラヒアックのように職を辞そうとされるより、ディルクもそれを望んでいる。
 今朝、ディルクが命を下して身柄を拘束したのは、先月のローデリヒによるユニカの襲撃と逃亡の協力者、クヴェン王子暗殺の罪をユニカに着せようという企てに関わる者、そして、テリエナにユニカを殺害するための毒を渡していた者達だった。近衛の騎士、兵からはローデリヒ、ヴィクセルを除いて五名、衛兵隊からは六名、残りは侍官と下級の召使いで合計十八名だ。
 これだけ捕らえれば証言は充分に得られる。しかしユニカの排除を企む勢力の中枢には、まだ手を出していない。
 相手が貴族、とりわけ公職に就く者達には配慮が必要という理由もあったが、この大胆な牽制に相手方が怯み、連携が鈍ることを期待した。
 予定通り王が体調不良を訴えたため、審問会は午後一番の開催へと先延ばしにされていた。
 ラヒアックと別れて議場へ入ったディルクは、王の政治顧問たる議員達の顔を順に眺める。小議会の議員は二十四名。家柄の上下は意外とまちまちだが、どの当主達も、王国の最も古い時代から王家との血縁を証明できる由緒ある家名の主達だ。
 王家の二人は最も高い座席に、その下の段には議長席、議長席に向き合う形で被審問者の答弁席があった。議員達は、その後ろに半円を描いて席に着いている。議員達の席は、登城を禁じられているブリュック侯爵の一つを除いて全てが埋まっていた。審問を受ける者は、前後から必要以上に威圧感を感じることだろう。

- 323 -


[しおりをはさむ]