天槍のユニカ



繋いだ虚ろの手(1)

第七話 繋いだ虚ろの手


 エリーアスが、ユニカの養父であるアヒムと出会ったのは十歳の時だ。エリーアスもまた、ビーレ領邦にある村の導師の息子だった。
 導師の子供達は、十歳を超えると各領邦を代表する教会堂、ビーレ領邦で言えばペシラの教会堂に集められ、冬から春にかけて寄宿舎で生活を共にしながら、国教の担い手となるべく教理を学び始める。特に地方の村々では、導師職を世襲に頼る傾向があるので、エリーアスもその習わしから逃げることが出来なかった。
 そこで、彼は自分と瓜二つの少年に出くわした。初めはお互いに気味悪がっていたものだが、彼らの師であり、今はエリーアスが仕えている導主パウルから、二人は母方の従兄弟であると教えられた。
 父方の、つまりグラウン家の近しい親族のことはよく家族の話題に上るが、母方の親族についてはあまり知らなかったエリーアスだ。それはアヒムも同じだったらしい。
 アヒムは、ブレイ村の導師の一人息子。将来、必ず村の導師職を継がねばならない。一方エリーアスには兄がいて、彼は言わば『予備』だった。継げる教会堂はない。このまま教会の中で役職を得ようとしても、せいぜい使い走り役の伝師になれるかどうかだ。そうでなければ一番階級の低い僧侶でいるより、さっさと商売や農業の勉強をした方がいい。
 そういう温度差のある二人だったが、まるで鏡を見ているようなお互いの存在に惹かれ合ったのは間違いない。
 アヒムに引っ張られるまま、エリーアスはグラウン家の一員として教会に残った。結局伝師という役職を得、王国の南部を中心に方々を渡り歩きながらも、アヒムとの交流は絶えなかった。彼は友人であり、兄も同然だ。
 エリーアスは、何度もブレイ村を訪れていた。アヒムと王妃との手紙の遣り取りを仲介したのもエリーアスだ。アヒムがユニカを引き取った頃の様子も知っている。それからの二年間、二人がどんなに幸せな家族であったのかも。
 ただその最後だけを、知らない。
 ユニカは決してエリーアスに凭りかかろうとしてくれない。お互い、八年前に失ったものを理解し合える仲のはずなのに。
 王城へ会いに来れば勿論喜んでくれるし、手紙の返信も、彼女はいつも早い。けれどずっと続けてきた遣り取りのなかでも、あの恐ろしい夏について、ユニカは自分から語ろうとはしなかった。
 エリーアスがブレイ村を離れている間のこと――つまり村が燼滅した日のことさえも、彼はユニカから聞いていなかった。だからエリーアスは、あの日村で何があったのか、この八年、知ることが出来ないままだ。
 従兄であり親友であり、実の兄弟達よりも仲が良かったアヒム。よくしてくれた村の人々。そして、キルル。彼らが、どんな風に最期の日を迎えたのか。
 知らない。ユニカに訊くことも、怖くて出来ない。
 廊下の壁にもたれ掛かり、宙を見つめていたエリーアスは、近づく足音に気づいて姿勢を正した。やって来たのはディルクだ。近衛隊長の報告を受けるために、随分前に席を外していた。

- 288 -


[しおりをはさむ]