天槍のユニカ



喪失と代償(1)

第六話 喪失と代償


 剣を抜いたのはヴィクセルではなかった。
 視界の隅を走った白刃に、ルウェルは無意識に反応する。相手より一瞬遅れたものの、彼が抜いた剣は左からルウェルを斬り上げようとした刃を押さえつけた。黄色い火花が薄闇の中に散る。
「ローディ……!?」
「王太子に気づかれれば、直に魔女は保護されてしまいます。ヴィクセルさん、あなたになら譲る」
 感情を押し殺したローデリヒの言葉に、唖然としていたヴィクセルは我を取り戻した。剣と一緒にベルトに吊していた牢獄の鍵の束の存在を思い出し、それを外しながら長剣で競り合う二人のもとを離れる。
「まじかよ!? 冗談で言ったのに! ユニカを殺そうとしてるのってお前らなのか!?」
「……あまり時間も無い。黙って見ていて頂くわけにはいきませんか」
「無理。命令だからな」
 ローデリヒはルウェルの剣を払い上げ、続けて逆袈裟に斬撃を放った。防がれ、剣を弾かれた勢いで身体を反転させ、刃を水平に薙ぐ。ルウェルはそれを飛び退いて避けた。しかしヴィクセルの後を追うことが出来ない。今の二手で、ローデリヒと立ち位置を入れ替えられたせいだ。
 ユニカのいる監房を背にしたローデリヒは、剣先をルウェルに向けて構え直した。
「剣を私闘に使うなとか言ってなかったっけ」
「王家に捧げた剣は右手で持つものです。私の場合は、もう使えません」
「右でも左でも一緒だと思うけど」
「いいえ、違います。皆で一斉に剣を掲げた時、私だけ左持ちでは美しくないでしょう。近衛とは、そういうものです」
「なるほどね、お前なら拘りそう」
「左利きだということには驚かない?」
「まぁな。人目がある所じゃ、さも利き手が使えなくて難儀そうにしてたけど、着替えやら火の扱いやらは上手かったから、ああ両方使えるんだろーなって」
 ルウェルが無気力に言うと、ローデリヒは剣の先にある彼の目を見つめたまま、口元だけでくすりと笑った。
「私がルウェル殿の相部屋を命じられたのは、単に寝坊魔のあなたの世話を任されたからではなく、殿下が私を観察するためだったのですね。いつから勘付かれていたのやら……あまり殿下にはお会いしないようにしていたのですが」
「あー、確か、俺が最初に兵舎に顔出した時だよ。毎朝起こしてくれてありがとな。何やったのか知らねーけど、ディルクに目ぇつけられると大変だぞ? 謝って言うこときいとけよ。俺もローディと喧嘩すんのは御免だし」
 しかしルウェルの前には再び刃が迫った。彼もほぼ同時に、ローデリヒの胸をめがけて突きを繰り出す。どちらが先に届くか――その一瞬の勝負かと思われたが、ローデリヒの剣先はわずかに持ち上がった。そのまま、ルウェルの剣に巻き付くように彼の左腕が撓る。

- 271 -


[しおりをはさむ]