天槍のユニカ



矛先(1)

第一話 矛先


 王太子が、近衛司令長官に叙任される四日前のことである。
 新しく近衛に入隊した騎士は、やはり注目の的だった。
 『王太子付き』の肩書きを与えられながら、将の階級にはなく、一兵卒と同じ扱いで兵舎の相部屋に放り込まれたせいもある。しかしそれ以前に、彼の名前は一夜にして近衛隊全員の知るところとなっていた。
 彼は、公妃ハイデマリーに仕える騎士であり、この度の公子の王家入りに応じて、ウゼロ公国から異動してきた。しかもエルメンヒルデ城の門を、単騎で破るという無茶な方法で。
 そんなルウェルと相部屋になったのは、ローデリヒという若手の騎士だった。
 彼は兵舎の使い方を案内したあと、城の外郭にある調練場や馬場へもルウェルを連れて行った。
「馬ねぇ。用意しねーとなぁ。なんたって俺たち“騎士”だからね」
「城にいらしたときの馬はどうしました?」
「軍馬でもないのになかなか勇敢な奴だった……けど、借り物だった上に矢が中っちゃってさ、ディルクに金借りて弁償した」
「はぁ、なるほど」
 誰の前であろうと、ルウェルは王太子を呼び捨てにする。これにはまだ慣れないローデリヒである。彼は苦笑しながら、厩に並ぶ騎士たちの愛馬を物色……もとい眺めるルウェルのあとをついて回った。
「ディルクにまた金を無心するのは心苦しいなー。特別いい馬じゃなくても、乗れりゃ何でもいいんだけどさ、俺今ほとんど文無しだもん。馬は買えないよ、馬は」
 騎士の装備は、馬を含め自分で維持するのが基本だ。それ故騎士は、それなりの領地収入がある貴族にしかなれない。領地もなく、“貴族の子弟”でしかないルウェルが、公国で騎士に任ぜられたのは、公妃というパトロンがいたからだ。
「でしたら、私の馬はどうです? こちらです」
 ローデリヒはルウェルを連れて隣の厩へ行き、その中に繋がれる一頭の前に案内した。騎士に相応しく、足腰の逞しい鹿毛の馬である。
「ほー」
「シヴィロでは最も良質な軍馬を産出する、ギルブス領邦産の馬です。これでよろしければ、お譲りしますよ」
「ローディはどうするんだ?」
「近々、近衛の事務方へ下がらせて貰おうと思っているんです」
「騎士をやめるのか?」
「ええ」
 そう言って、ローデリヒは右腕をさすった。革の手袋で覆われた手を何度か握っては開いている。足下に向けられる笑みは、どこか自嘲気味で暗い。馬の首筋を撫でていたルウェルは、それを見て控えめに訊ねた。
「怪我か?」

- 195 -


[しおりをはさむ]