【Rockman.EXE@】
アツキのジャンプ大作戦(せいこう?)
「うぉーい、何処に行きやがったんだチビ小僧」

ダイニングを出て家の中を探し歩くヒノケン。
何を探しているのかといえば、ちっこいアツキの姿。
しかしながら、つい先程まで二人は同じダイニングの中に居て、夏の日射しが強まる午後の水分補給を行いながら普段通りの会話をしていた。
ところが、ヒノケンが飲み終わった自分のコップとアツキの為に買った人形遊び用のコップをテーブルから避け、軽く水洗いして水切りラックへ逆さに置き。
振り返ると、既にアツキの姿は無く今に至る。

「ったく、ちょこまかと…」

短時間の事ではあるし、外には出ていない筈。
放っておいても暫くすれば出てくるとは思っているのだが、視界に居ないというのも心配。
心配、だからアツキの事を探しているという事が。
ヒノケン自身で認めるしかないけれども自分らしくもない事だと。そんな想いが滲んだ語気はアツキに対してというよりは己に対して呆れが混じる様子。
ふぅ、と一つ。
自嘲めいた溜め息をつきながら、風通しやアツキの移動の為に開けたままにしているリビングのドアを抜け、ザッと室内を見渡してみると───

「んぁ?」
「えーっと、だなや…」
「(…此処に居たのかよ、つうか何してんだ)」

そこには探していたアツキの姿。
どうやら静かに室内を覗いたヒノケンの存在にはまだ気付かず、リビングのテーブル上に乗って何かを確認する様な素振りを見せており。
何をしようとしているのか気になったヒノケンは、黙って声を掛けずに見守ってみる事に。

「…方向良ス、助走はこンくらい取ったらエエかな。…ンで…"くらうちんぐすたーと"ば…」
「(…もしかして、テレビでやってた陸上大会の真似事か。しかし何でテーブル上なんだ)」

ちっこいアツキが屈んで一層ちっこく。
だがテレビの見様見真似にしてはキチンと短距離走のスタートポーズであるクラウチングスタートを決めており、走る気満々。
とはいえ、それならば廊下の方が向いている。何故わざわざテーブル上の必要があるのか。
まだ疑問は晴れないヒノケンが見守り続けていると、アツキの中でスタートのピストルが放たれたらしく、急に脱兎の如く駆け出す。

ダッ…!とてとてとて…っ!

「どりゃーっ!」

ぴょいんっ…!ぼっふん!!

「…幅跳び…でも無ぇな、何の競技になるんだか」

走り出したアツキはすぐさまテーブルの端に辿り着き、落ちてしまうのではないかと思われたが、助走からアツキなりの大ジャンプを行い。
ぼふん!と音を立ててフカフカなドでかいクッションの真ん中に飛び込んで深々と埋まり、ちいこい手でクッションにしがみついている模様。
アツキの目的は短距離走だけではなく、ジャンプを伴う競技の真似もやりたかったらしい。
陸上大会ごっこがしたかったのだと完全に判明したヒノケンはスッキリした、けれども。

「……おい、小僧…?」

クッションに埋まり込んだまま、なかなか動かず。
あのクッションはかなり柔らかくフカフカな筈だが、もしやそれでもアツキには想像よりも大きな衝撃が伝わってしまったのか?
次第に先程アツキの姿を探す時より不安に駆られ。
嫌な予感を抑え込んでヒノケンはクッションに近付き、アツキの状態を覗き込む。すると。

「……くかー…ぷぅ…スぅ……」
「…寝てんのかい」

クッションにしがみついたまま、アツキはお昼寝。
ここまでがアツキの目的だったのだろう。
気が抜ける寝息を聞いて文字通り脱力するヒノケン。
だけど、良かった。本当に。

「やれやれ…へっ…」

起こさぬ様にソファに腰掛け。
立て掛けた状態のアツキ付きクッションを、そろそろと水平にして眠り易くしてやって。
するとモゾモゾと寝相を変え始めたアツキは、うつ伏せにクッションを掴んでいるのは変わらずだけれど、ヒノケンの方に寝顔を向けて落ち着き。
ぐっすりと、幸せそうなお昼寝タイム。
ちっこいアツキをダメにするクッションに少しだけ妬きながら、ヒノケンは飽きる事無くその愛らしい寝顔を見詰めて夏の午後を過ごす事にした。

■END■

・ちっこいあいつ
https://odaibako.net/gacha/7226

30. テーブルの上で助走をつけて何をするかと思えば、ふっかふかなドでかいクッションの真ん中に飛び込んでいた。ずぼと埋まるアツキ。なかなか動かないので心配になって覗いたらそのまま寝ていた。ちっこいアツキをダメにするクッション。

2022.07.10 了
clap!

- ナノ -