【Rockman.EXE@】
じゃじゃ馬娘に恋をして
◆ヒノケンと女子高生なアツキちゃんのお話
この世界線のメラメラ祭りは女子も可という事で
EXE4のバーナー組シナリオ終わりから



「うっぎゃあああ!!ア、アツいっぺや―――!!」
『熱いココロは大事だけど、熱過ぎるのも考えものだね…』
「ま、なんにしても、人に迷惑かけちゃ駄目だよな」

至極最もな小学生の意見は聞かず、というか聞けず。
自業自得で炎に包まれた当の熱いココロの持ち主は…エレベーターの奥へと、消えていった。


……ピンポーン♪


『オ、オイ!取り敢えず落ち着けってアツキ!』
「おおおおお落ち着けって言われても、無理だべ―――っ!!」

エレベーターから控え室へと転がり出てきたのは、未だ服に燃え移った炎が消えずに錯乱中のアツキだった。
ネットバトルマシンにプラグインしていたバーナーマンは、アツキが走り出したと同時に慌ててプラグアウトを実行し…どうにか、PETへ戻っている。
しかし戻ったまではいいが、その状態から今のアツキを助ける術がバーナーマンには無い。

『とにかく水だ水!確か外に噴水があっただろ!』
「そ、外って!ンな遠くまで行ってる場合でねーべ…っ…!?」

バッシャーン!!

「っぶああぁぁーっ!?つ、冷た―――っ!!」

ガコンッ!

「あ痛ぁっ!!」

突然冷気に襲われたかと思ったら、次の瞬間には暗闇と痛打に襲われる。
我が身に何が起こっているのやら。
冷気の正体はともかく、暗闇と痛打はどうやら自分の頭に何かが覆い被さってきたらしい。

「いちいちうるせぇ小僧だな…ちったぁ頭が冷えたか?」
「…な、オ、オッサンっ!!」

最初の冷気でアツキは思わずその場にへたり込んでしまっていたのだが、恐る恐る頭に覆い被さっているモノに手を掛けると…それは金属製のバケツ。
よく見ると、明らかに先程まで水を湛えていた形跡がある。
そして晴れた視界の先にはオッサン改めヒノケン。

…これでアツキは全ての合点がいった。

「な、何スるンだべオッサンっ!ずぶ濡れだし、痛ぇでねぇかっ!!」
「そのまま、燃えてても良かったなら放っておいたけどよ」
「うぐ…」
「まあ何だ、礼の一つくらいなら聞いてやってもいいぜ?」
「うぐぐ…」

明らかに「自分が優位に立っている」といったヒノケンの物言いに、大人しく屈する様な性格をアツキはしていない。
バケツを放り投げ、自分を見下ろしているヒノケンを見上げて無言の反抗をする。

「…ったく、助け甲斐の無ぇ小僧だな」
「助けてくれ、なンてひとっことも言ってねぇべっ!」

さっきまでの狼狽振りを見られていたのは間違いないだろう。
それでも、ヒノケンに礼を言うのは御免だ。

「へーえ」
「う、うぐぐぐぐ…」

ここで先程の様な恩着せがましい台詞の一つもヒノケンが言えば、口論へと発展させる余地がある。
けれど、それを見越してかヒノケンはアツキの台詞を軽く流したのだ。
これでは、それ以上アツキに反論を入れる余地は生まれない。

「べ、別にオラ達だけでもどーにかスたべっ!な!バーナーマンっ!……バーナーマン…?」

この形勢不利な状況をどうにか打破するべく、バーナーマンに助け舟を要請した…のだが。
どうも、相棒の様子がおかしい。

『…オ、イ…ァツ、キ…!P…ET…が……ッ!』
「バ、バーナーマンっ!?」
「ぁあ…?…おい、オメエのPET壊れてるんじゃねぇか?」
「な、なぬ―――っ!?」

少し考えればすぐに分かる事なのだが…
PETは当然、生活圏の範囲では充分以上の耐性を持ち合わせている。
しかし、炎によるかなりの高温に晒した後、水をぶっ掛けて急激に冷やす様な荒っぽい温度差には耐え切れなかったのだ。

「ど、どどどどうすべーっ!バ、バーナーマンがぁっ…」

自分の危機が去ったと思えば、今度は大切な相棒がデリートの危機にある状況で。
困惑するアツキにはどうしようもなくて、今にも泣き出しそうな顔になる。

「…しょうがねぇな。おい、どこまでバックアップが間に合うか分からねぇが、コイツにデータを移しとけ」

流石にデリート寸前というのは見兼ねたのか。
ヒノケンはネットナビのデータ保管に特化した記憶デバイスをアツキに差し出した。

「ン、ンでも…」
「さっさとしやがれ、このままだとPET内のバックアップまで完全にぶっ壊れるぜ」

ヒノケンにこれ以上恩を売られるのは正直、アツキとしては気に入らない。
気に入らない…が、現状、それ以外の手立てをアツキは持っていない。

「…わ、分かったべ…」

大切なバーナーマンの為には背に腹は代えられない。
記憶デバイスを受け取るとPETに繋ぎ、バーナーマンのデータを移動させ始めた。


……100%…completed…

…ガガッ…プツン…


アツキのPETはデータの移行を終えると同時に、ブッツリと画面が切れて完全に壊れてしまった。

「…大丈夫…だべ、か…?」
「一応、100%が出たんなら大丈夫だろうよ」

暗転したPETの画面を見つめ、現状バーナーマンの総てである記憶デバイスを握り締める。

「…いよしっ!このままこうスててもスっかたねーべっ!オッサン!新しいPETを買いサ…ぶえっくしょーいっ!!」
「汚ぇっ!わざわざこっちを向くんじゃねぇよ!」

当たり前と言えば当たり前だが。
アツキは水を被ってそのままである。

「スっかたねぇでねかっ!誰のせいでオラがずぶ濡れに…びえっくしょんっっ!!」
「だから、こっちを向くなっつうの!」

ずびーっと鼻をすすりつつ、アツキは己の現状を見直してみる。

「…ふ、服が濡れて…き、気持ち悪ぃべ…」

かなり今更な気はするが。
やっとある程度落ち着いたアツキにとっては、初めての発見にも等しい。
加えて、襟刳りから入り込んだ水が何より不快感を煽っていることにも、初めて気が付いた。

「いちいち手間の掛かる小僧だな、ったく」
「オッサンが水をぶっ掛けたからだべ…っくしょいっ!!」
「分かった分かった、上だけ俺のを貸してやるからとっとと脱げ」
「ぬ、脱げって…こ、こげなところでっ!?」
「あん?別にいいだろ、野郎のくせにンな事を気にしてんじゃねぇよ」
「やろ……オッサンアホか―――っ!!オラは女だべ―――っっ!!!」


…えー…

……んんー?


オ ン ナ ?


「…新手の冗談か?」
「ま、待てこらオッサン!もスかスて、今までずーっと男だと思っとったンかあっ!?さっきから小僧小僧言ってるとは思っていたけンど!」

多分、熱斗とロックマンも。

「当たりめぇだろ!オメエのどこに女だと思う要素があるっつうんだ!!」
「ちゃンと胸があるでねぇかーっっ!!」
「そんなカマボコの乗ってねぇカマボコ板みてぇな胸とか、分かるかぁっ!!」
「ソレ完全に真っ平らでねぇか!せめて貧乳か微乳って言わンかあっ!!」


……


「……自分で言ってて虚しくねぇか」
「……ち、ちっとばっかス…」

己の発言で自分に止めを刺して一気に凹んだアツキと、そのアツキの発言でこっちまで切ないんだか虚しいんだか、な気分になってきたヒノケン。
無闇に高い双方のテンションが直滑降で下がり、何だか待合室の城内が心なしか寒くなった気さえする。

「…オッサン…服…借りるべ…その辺の陰で着替えてくっから…」
「…ちょっと待ってろ」

ここまでテンションが下がると、お互い直前の口論とかどうでも良くなるらしく。
素直に服を借りると言い出したアツキに。
ヒノケンもこれまた素直に着込んでいた服を貸した。



29%… 47%… 75%… 91%…

completed!!

『…ん…あ、れ?』
「バーナーマンっ!良かったべ〜オラが分かっか?」
『…ああ、アツキ……どこだ?ここ』

システムを復旧し直し、再起動を完了させたバーナーマンは目覚めると同時に見慣れない電脳空間に一瞬戸惑いを見せたものの。
飛び込んできた親友の嬉しそうな顔に安堵を覚えた様で、自分の状況を素直に問い掛けた。

『ヒノケン様のPCだ』
『うぉおファイアマン!? …って、何で俺がオッサンのPCなんかに居るんだよ?』
『…ぶっ壊れる直前の記録が、やっぱり破損しているな』
『ぶっ壊れる?…あー…そういやPETがぶっ壊れそうになった様な、そうじゃねぇ様な…』
「……ぶっ壊れたんだっつうの」

身を乗り出してPCを覗き込んでいるアツキの後ろに焦点を合わせると、何やら不機嫌そうなヒノケンが居る。

『?…すんげぇ機嫌悪くねぇ?オッサン』
『…お前等の為に着替えとPETを買わされたり、気に入らないテメエの復旧の殆どをヒノケン様がやる事になったんだ。それでその態度とか機嫌が悪くて当然だ』

そう。
あれから現在まで、いかなる経緯を辿ったのかというと。
まずはPETがなければ話にならない、という事で一路電気街へと二人は直行した。
着いた辺りで、元々高い双方のテンションは取り戻されてくるもので。
元を正せばオッサンのせいでPETがぶっ壊れたんだから新しいのを買え、だの。
全部テメエの自業自得だろうがそこまで面倒見切れるか、だの。
ジョーモン電気のPET売り場でまた一悶着を起こした挙句、警備員を呼ばれそうになって結局、ヒノケンの方が折れた。
その一環でアツキの着替えも買ってやっている。

PETの次は、本来ならバーナーマンのリカバリーを行う為に科学省へと向かうのだろうが…ヒノケン自身、あまり科学省には赴きたくない。
というか炎ナビならば自分がやった方が早いと、ヒノケンの家へ向かったのだ。
服やPETを買ってやったり、バーナーマンのリカバリーをしてやったり。
ヒノケンは自分が優位の上での「やってやった」という思いでいたのだが。
単にアツキとバーナーマンが丸儲けで喜ぶ結果になっているだけで、自発的に負けを認めた様な気になってきてどうにも不機嫌、という訳だ。

『ふーん、そっか。通りでアツキが違う服を着てると思ったぜ』
『…主人が主人ならナビもナビか、どっちもヒノケン様に礼を言ったらどうだ』
『あー、悪い悪い、サンキューなオッサン』

ファイアマンはファイアマンで、ヒノケンへの不義理具合に超絶不機嫌である。
そんなヒノケンとファイアマンの心中なぞ何処吹く風。
何時もの調子でバーナーマンは一応、礼らしき物を言った。

「…ま、上出来な方か」
「サンキューだべ、オッサン!」
「オメエはそれだけで済む訳ねぇだろ」
「へ?」


それは多分、好奇心に近い感情。
何となく、だ。
何となく―――

「女」として触れてやったら、どんな顔をすんのか見てみたくなった。

微かに混じる、悪戯心。
散々、俺を振り回してくれたんだ。

このぐらいさせてもらわねぇと、割に合わねぇってモンだよな。


「なに…?…ン、ン…っ…!?」

アツキがヒノケンの台詞に疑問符を投げ掛けている間に。
ヒノケンは一気に距離を詰めて、アツキの口唇に自分の口唇を重ねた。


短く、触れるだけのキスを落としたのだけれど

重ね合わせた刹那の感触は―――


意外と、キライじゃなかった


「……なっ、な…?」
「…何だ、そうしてりゃちっとは女らしく見えるぜ」

何が起こったのか徐々に理解を始め、アツキの顔が朱に染まっていく。
困惑と恥ずかしさを織り交ぜたその様子は予想以上に…


女の子、だ。


「…な、ななな、何す、ン…」
「何って、キスじゃねぇか」

しれっと。
消え入りそうなアツキの声に対して、きっぱりとヒノケンは答える。
それを聞いて、ますます顔を真っ赤にしてしおらしくなるアツキの様子は更に想像以上で。


心の中で―――小さな種火が点いた様に、思えた。

それが何か。

まだ、炎は生まれていない。


「あ、ぅ…グスッ…」
「…ぁあ?」
「オ、オラ…初めて…だったンに…」

ポロポロと、アツキの瞳から大粒の涙が零れてくる。

「そ、それが…どこの馬の骨とも分からねオッサンに〜…」
「はぁっ!?な、泣くんじゃねぇよ!」

アツキの可愛げある反応。
それが見れればヒノケンは満足で。
とんでもないじゃじゃ馬娘だが、いくらなんでも最近の女子高生。
キスの1つくらいはもう経験済みだろう、くらいの軽い気持ちでヒノケンはいた。
まさか初めてだったとも思わなかったが…
それ以上に、泣かれる等とは微塵も思っていなかった。

「…ふぇ…っく…ひっく……」
「お、おい…その、そいつは俺が悪かったけどな…」

未だにポロポロと涙を溢れさせて泣き止む様子の無いアツキを前にして。
こうなっては、ヒノケンにはどうしようもない。
ある種、最大の武器を繰り出されているのだから。

と。

突然。
俯いて涙を流していたアツキは、ぐいっと手で零れる涙を拭ってヒノケンを真直ぐ見据え始めた。

「な、何だ」

何も言わずに潤んだ瞳でアツキにじいっと見つめられる。
その行動に対して何を言ったらいいものか。
目が合ったまま、ヒノケンも黙って成り行きを見守っていると…しばらくして、アツキが口を開いた。

「……決めたべ」
「……あ?」
「オッサンにはオラの全部、責任とってもらうかンなっっ!!」
「……はぁあ―――っっ!?」

何をどう考えてどんな経緯でその結論に至ったのか。
ヒノケンには知る由も無い。
しかし、アツキは確かに一つの結論に達した様だ。

「ばっ…馬鹿言ってんじゃねぇぞオイ!!」
「バーナーマン、プラグアウトだべ!」
『…え…お、オウ!了解だぜ!』

すっかり忘れ去られていたが、ナビ二人はというと。
モニター越しで起こった一連の出来事に対して「何が何だか」。
…つまり、対応し切れていなかった。
アツキに呼ばれてやっと我に返ったバーナーマンは、事態を飲み込みきれないままにプラグアウトを実行する。

「って、俺の話聞いてんのか!」
「聞いてるべ!…オッサンが何と言おうが、オラはオッサンに責任とってもらうことにスたンだべ!」
「勝手に決めんな!ンな事!!」
「へへーン♪オラは一度決めたらずぇーったいにやり遂げるンだべ!」

そうきっぱりヒノケンに告げると、バーナーマンが戻った新品のPETをしっかりと握り締めてドアへと向かう。

「お、おい!?」
「今日のところは地元サ帰るべ …ンでも、オラから逃げられると思うでねぇべ!オッサン!」

くるりとヒノケンの方に向き直り。
念を押す宣言をすると、アツキは踵を返してバタバタとヒノケンの家を後にしていった。

「……な、何だっつうんだ…」

喧騒去った後。

残されたのは―――
恐らく、アツキを静止しようとして腕を伸ばしたその状態で唖然としているヒノケンと。
主人が戯れに取った行動に関しての処理が、未だに終わっていないファイアマンだった。



―――あれから時間は流れて。


その間にアツキから特別何かしらのコンタクトがあった訳でもなく。
つまり戯言であり、戯事だったのだと。
その珍客が来るまで、ヒノケンはそう思っていた。

ピーンポーン…♪

「…ぁあ…?ンだよ…」

ピポピポピポピポピーンポ―――ン!

「連打すんじゃねぇ!どこのどいつだバカヤロウ…!?」

ガチャン!と。
朝っぱらからチャイムの連打を喰らい、激しく不機嫌なヒノケンは乱暴にドアロックを外して扉を開けた。
目の前に飛び込んできたモノは、わりと近所にある高校のセーラー服。
見覚えがあっても特に問題は無い。

問題なのは。

着ている人間にも見覚えが無い訳ではないという事と、何ゆえそのセーラー服を着て此処にいるのか、という事である。

「久し振りだべオッサン!」
「な…なんでテメエが此処にいやがる!つうか、その制服は何だ!」
「明日っから編入スっ事になったンだべ」
「何ぃ!?」
「ガッコの寮が空いてて良かったべ〜まあ空いてなかったらオッサンの家から通っても良かったけンど、いきなり同棲っちゅうのも心の準備が必要だかンな」

卸したての真新しいスカーフを揺らしつつ、いとも簡単にアツキはそう言ってのけた。

「…マジかよ」
「言ったべ?オラは一度決めたら最後までやり抜く主義なンだべ!オッサンにはぜーってえ責任とってもらうかンな!」

ビシィ!
と人差し指をヒノケンに突き出し、その言動に迷いが無いことを主張する。

「冗談じゃねぇ!俺はテメエみたいなガサツな上にカマボコ板をどうこうする趣味は無ぇ!」
「カマボコ板とか言うでねぇって言ってるべっ!!」
「うるせぇ!とっととド田舎に帰りやがれっ!」
「なーに言ってるべ。いずれ、帰るところは此処になるンだべ…よっ!」
「…って、バッカヤローっ!」


びったーん!


不意に、アツキとの距離が縮まった。

と、思った次の瞬間には既にジャンプで抱き付かれていて。
それでも辛うじてアツキを受け止めたはいいが…玄関先の段差に半端に足を掛けていたヒノケンは、バランスを崩して後ろに倒れ込んでしまった。

「ってぇ〜…こンの馬鹿が… …っ…」


ぎゅうぅ…


「へへン…とっ捕まえたべ♪オラの唇を奪った罪は大きいンだかンな!」

自分を受け止めて後方に倒れ込んだヒノケンにしがみ付いて。
悪いとは一片も思っていない調子で、笑顔を向ける。

「これから…ヨ・ロ・ス・ク、だべ!」


……クソっ。

不覚だ、それも一生モンの。

コロコロ変わるコイツの表情。


時折。


「可愛い」、とか思う自分が居やがるのは分かっていた。

…今の笑顔で、あの時の種火が完全な炎になっちまったじゃねぇか。


「?…何を呆けてるべ、オッサン。ボケるのはまだ早いンでねぇか?」

…今思ったことを全部撤回してやろうか。
…ヘッ…ま、いいさ…

「オッサン?オラの話ば聞いて…わ!な、なンね…! …ンぅ…っ!?」

何も言わずに、アツキの顔を引き寄せてキスを落とす。
初めての時とは違う、味わう様な深いキス。
触れるだけのキスしか知らないアツキには、永劫にも似た長い時間に感じられる。
ヒノケンがゆっくりと口唇を離してアツキの顔を見ると、目を真ん丸く見開いたまま顔を真っ赤にして固まっていた。

「…もしかして、目ぇ開きっ放しか?ムードの無ぇ女だなオメエは本当」
「……な、なにすンだべ!い、いきなりっ!!」

耳に到達するまで赤面して、やっとアツキの時間は動き出した。

「感謝されても怒鳴られる覚えは無ぇぜ…責任取ってやる、って証みたいなモンだ」
「…へ?…ほ、ほンとに…?」
「二言は無ぇよ」
「…へへー…嬉スぃべ…」

恥ずかしさと若干の怒り顔から、面食らった呆け顔。
そして。
にっこりと、ヒノケンの胸の上で先程見せたモノと同じ満面の笑みをアツキは浮かべる。
ヒノケンが思う事も、先程と同じ。



…チクショウ。


あの時、俺の心に点いた種火は…


口付けで燃え移った、アツキの焔だ。


俺の中に入り込んで…燃え上がっているのが、分かる。


けどよ、俺はそれを認めても―――
アツキに「囚われた」、なんてのは絶対に認めねぇからな。



必ず俺色の炎で染め上げてやらぁ。
俺好みの女に、な。



覚悟しとけよ?

■END■

2005.11.11 了
2020.02.06 加筆修正
clap!

- ナノ -