【Rockman.EXE@】
犬耳の恋人A
「は、ぁ…っ…も、こ、コレは嫌だ…っちゅうた、べ…っ!」
「ンなこと言っても…本当は気に入ってンだろ?」
「そ、げな…わ、け…」

じゅぶ…ずぷ…っ

「ふ、ぁ、あン…っ!う、ごくでねぇ、べ…ぇっ!」

止めていたストロークを問答無用で再開され、ビクビクとアツキの身体は波打たれる。
その強い快感に身悶えて固く目を瞑ると、生理的に溢れる涙が頬に零れた。
ヒノケンは、伝うソレに口唇を寄せて掬い取ると―――アツキの耳に。

…正確には。

アツキの頭からちょこんと出ている茶色の犬耳、に。
深く、アツキの最奥へ自身を挿し入れながら…口唇を寄せた。

「ひゃ、あ、ぁン…っ!ン、ン…ぅ…っ…あ、ぁ…」

自身が帯びる熱、自分のナカを求める熱…
下半身へと集約される熱い劣情に加えて、性感帯と化している犬耳への口唇による愛撫。
くすぐったい感覚も手伝い、アツキの頭の中はジンジンとした甘い疼きで満たされて。
快感以外の全てが、真っ白になる感覚。

くちゅ…

「ぁ、はぁ…っ…あンっ…!」

不意に。
熱く硬度を増した自身に手を添えられて、シーツを掴む手にまた力が篭る。

「熱…っ…オメエは本当…俺好みだぜ…」

熱を上げるアツキの身体に満足すると同時に、そんなアツキにヒノケン自身も熱を増す。

「ン、あ、ぁっ…ま、また、お、っきく…ぅ…っ」

自分のナカで質量を増す感覚。
快感に敏感になっている身体は、狂おしい位の反応を示す。
甘い声を漏らし、反射的に腰を捩じらせながら熱く潤んだ瞳で見上げられては…誘っているのと同じで。

「…バーカ、ンな可愛い事言うなよ…止まんねぇぜ?」
「え…?…あ、ンンっ!は、ぁンっ!」

ずちゅ…っ…ぐちゅぅ…っ

激しくストロークを繰り返し、そして的確にアツキのイイ箇所を突き立てる。
自然と弓なりに反れるアツキの身体。
腕を滑り込ませて細い腰を抱え上げ、角度を変えればアツキの嬌声は艶色を増す。

「あ、あンっ!オ、オッサン…は、げスぃ…べぇ…っ」
「そうしたのはオメエなんだよ…なぁ?」

ぎゅ…

「や、ぁン…っ!し、っぽ、は、ぁ…っ…だ、だめ、だべ…っ!」

ヒノケンは腰へ回していた手を下方に伸ばすと…尻尾を掌に包み込んで、すしゅすしゅと擦り上げた。
アツキの下半身に集まる熱は、急速に限界を迎える。

「っあ、ああンっ!オ、ラ…も、も…ぉ…」
「…っ…イイぜ…俺も…堪んねぇ…!」

アツキの腰を抱え直して律動を早める。
奥底から湧き上がる熱は…お互い、もう止められない。
押し寄せる波に耐える様に、アツキはヒノケンの首に腕を回して。

絶頂の時を迎える。

「ふ、ぁ、あン…!っア、あ、あン…っ、あ、あ―――…っ!」

びゅる…びゅく…っ

ヒノケンの首をキツク抱き締めて、アツキは達する。
そんなアツキに口付けて…ヒノケンもまた、アツキの内に熱を放った。



「…オッサン」
「何だ?」
「たっ…正スぃ言い方かどうか分かンねけど…オ、オラからさっさと出てくべっ!!」

一通りの情事を終えて。
まだ身体の制御がままならないアツキを、ヒノケンはそのまま抱え起こした。
向かい合わせで抱かれ、そう激しく動かれることは無いと思うが…
アツキとしては、やはり勘弁願いたい状況らしい。

「別にいいじゃねぇか…まだ、薬の方も切れてねぇしよ」

さわ…

「ンひゃぅっ…!だ、だから、み、耳は…っ!」
「…何だかんだで結局、抵抗しねぇじゃねぇか…コレにハマってるだろ?アツキ」
「ン、ンなこ、と…っ!あ、はぅ…う、ン…っ」

軽くアツキの頭を撫でながら、相変わらず感度の良い犬耳を弄ぶ。
この場合。
頭を撫でる方が、恐らく「ついで」。

「ン、ん…っ!」

ビクンと、アツキの身体全体が身悶えで収縮した。
勿論それは…アツキのナカも同じ。
咥え込んでいるヒノケンの自身を、アツキとしては図らずも締め上げる。

「おい、そんなに締めると…もう一回ヤることになるぜ?」
「だ…った、ら…さ、触るで、ねぇ…べっ…ひ、アぅうン…っ!」

犬耳から手を離したと思ったら、今度は尻尾を愛撫される。
あるはずの無い部位から与えられる快感は異質で、抗う術がアツキには無い。
ヒノケンは完全に、分かってやっている。

「そろそろ、効き目が切れる頃か…でもまぁ、別にいいか」
「よ、良くねぇべ!アホ―――!!」
「それならそれで、って事だよな」

アツキの絶叫を無視して、押し倒す様にアツキに覆い被さると。
ヒノケンは、再び芯が通り昂ぶった自身の律動を開始した。

じゅぶ…ごぷっ…

「ぁ、あっ、ひゃぁン、ん…っ」

激しくナカを掻き回されて、響く音は淫靡。
音に反応する様に、アツキの腰は自然と奥を強請って揺れる。

「イイだろ?…もっとハマれよ…アツキ」
「ン、ふ、ぁあ…オ、ッサン…っ」


別に。
この薬がどうこうという事ではなく。

ハマっているのは―――…


"アツキ"にハマっているのは、自分だと。


熱を上げ続けるアツキの身体を抱き締めて。
少しだけ、ヒノケンは自覚した。

■END■

2006.01.11 拍手御礼
2006.02.01 拍手移動
2020.02.01 加筆修正
clap!

- ナノ -